新国立劇場バレエ団"ホフマン物語"

新国立劇場バレエ団の"ホフマン物語"観てきました。

a0146493_13361822.jpg


一昨年の初演に続き、2度目の上演です。

ホフマン役2度目の福岡雄大さんは、演技、踊りとも安定の出来。
女性に翻弄されてしまう心優しい男性というイメージが、とても合っているように思うのは、私の勝手な想像でしょうか。

オリンピア役は、池田理沙子さん。
前回の、長田佳世さんの、正確無比な人形ぶりがあまりにも記憶に鮮烈すぎ・・物足りなさは否めません。
もう少し、人形の無機質感と、人間らしい動きの対比がハッキリしているとよかったかなぁ、と思います。

アントニアは、前回と同じく小野絢子さん。
役のイメージと、テクニック共に、申し分のないアントニアぶり。
福岡さんとのパートナーシップも抜群です。

ジュリエッタには、このところ悪役?として目覚ましい米澤唯さん。
ベネチアの高級娼婦らしい妖艶さをたたえつつ、テクニックの高さはさすが。
別の日に、アントニアにもキャスティングされていたので、こちらも是非観てみたかったです。

そして、ラ・ステラ役には、前回同様、本島美和さん。
こういう華やかで美しい役には、本当にハマる方で、男性でなくとも、うっとりと憧れてしまいます。

こういうドラマティックな作品は、演劇の国イギリスなら、でしょうか。
いつか、オペラのホフマンも観て観たいと思います。






トラックバックURL : https://saguaro2.exblog.jp/tb/238428618
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by saguaro2 | 2018-02-09 23:35 | 舞台鑑賞(バレエ) | Trackback | Comments(0)

サワロのつぶやき♪2 ~日本橋生活~より改題しました。


by saguaro2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31