箱根 2017秋 〜その1・福住楼〜

箱根湯本駅から、1号線沿いに歩いて、塔ノ沢へ。

湯本に続く、箱根七湯2番目の温泉地です。



a0146493_21344007.jpg

1号線が大きく左にカーブするところに、最初に見えてくるのが、”福住楼”

1890年(明治23年)創業のお宿です。

”あ〜なたは今、どの空をみているの〜♪”の”小田急ロマンスカーで”のCMにもなんども登場しています。





a0146493_21472861.jpg

夫も私も、私の両親も、気に入っていて、何度かお邪魔しているお宿なのですが、このところ、このレトロな感じが特に外国のお客様には大人気とのことで、なかなか予約がとれず、かなりお久しぶりでの訪問です。

今回は、夏休みのあと、国慶節や紅葉シーズンの前ということで、かなりラッキーなタイミングだったかもしれません。





a0146493_21344132.jpg

お部屋へ通されて、まずはお茶をいただいて、ひとやすみ。
今日は、よく歩きました!

お茶請けは、”ちもと”の”湯もち”です♡




a0146493_21344247.jpg

福住楼は、文人墨客の定宿として愛されたお宿で、今回のお部屋は、川端康成先生の好まれた、お庭に面したお部屋。
2度目です。

川の音が響かず、執筆活動に集中できるということで、このお部屋を好まれたそうです。
そうはいっても、敷地の2面を川に囲まれているので、川音はしますが・・


今では、珍しい木造の3階建。
いくつかの建物が建っており、お部屋の作りは全て異なっていることのこと。
全てに泊まってみたいものです。





a0146493_21352164.jpg

内側のお部屋なので、反対側の窓の外はこんな感じです。




a0146493_21352251.jpg


随所に竹や木が使ってあり、とても美しい建物です。
全てが木でできたこの建物を維持するのは、大変なことでしょう。






a0146493_21352400.jpg


夕方の時間帯は、女性は洞窟風呂。

どなたもいらっしゃらなかったので、写真を撮らせていただきました。






a0146493_21355048.jpg

このレトロな感じ、いいですね〜♡

福住楼のお湯は、無色透明で、熱めなのですが、洞窟風呂は、岩肌から水が流れ落ちているので、いくらかぬるめなので、長風呂できない体質の私でも、ゆっくり入ることができました。





a0146493_21355141.jpg

お風呂上がりに、



a0146493_21361750.jpg
大広間の

a0146493_21355122.jpg


縁側で



a0146493_21361766.jpg
夕涼み。



a0146493_21361877.jpg


お部屋はどのあたりでしょう?



静かな夜です。






トラックバックURL : https://saguaro2.exblog.jp/tb/237835469
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by saguaro2 | 2017-09-30 21:37 | 箱根 | Trackback | Comments(0)

サワロのつぶやき♪2 ~日本橋生活~より改題しました。


by saguaro2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30