中国弾丸ツアー2017 〜その17・外灘〜


a0146493_15432004.jpg



豫園商城を後にして、近くの大きな公園経由、"外灘"へ。





a0146493_15432118.jpg

対岸の浦東サイド。
この後、上海タワーに登る予定になっていますが、てっぺんは完全に雲の中。

本来なら、この後、遊歩道に上がって、外灘を見学ということになっているのですが、どうしても行きたいところがあり、
30分という約束で離脱させてもらいました。

(・・結局、地図で見た感じよりかなり遠く、雨が降っていることもあり、途中で断念したのですが)





a0146493_15432197.jpg

遊歩道からの眺め

”外灘”は、英語で、The Bund、土手です。
1842年、南京条約によって、外国の租界地にされたエリアで、以後ヨーロッパ風の石造りの建築が建てられました。
特に、黄浦江に面して、旧イギリス租界の重厚なネオバロックやアール・デコなどの折衷した建築が並んでいます。

中華人民共和国建国後は、政府に接収され、内部を改装して公共機関として利用されてきましたが、現在も多くは市政府の施設や金融機関、ホテルなどとして利用されています。






a0146493_15432258.jpg

多感なお年頃に『南京路に花吹雪』などを読んで、租界時代の魔都上海に憧れていた私には、聖地?とも言えるほどの場所なのですが、
あまりゆっくり見られませんでした。





a0146493_15432289.jpg

完全に、雲の中・・




a0146493_15432393.jpg



ドーム型の屋根は、近年まで上海人民政府庁舎として使用されていた”上海浦東発展銀行”、その右隣は、”上海海関”でしょうか。





a0146493_15432303.jpg



三角のファサードの建物は、外灘6号
以前は、中国人により初めて開かれた銀行・中国通商銀行として使用されていました。





a0146493_15440235.jpg

外灘5号は、日経の日清汽船上海支店でした。





せっかくの外灘も、雨だし、時間もなく、で中途半端に駆け抜けただけで終わってしまいました。


で、皆さんはといえば、昨夜、ナイトクルーズで外灘は見学していることもあり、雨降りなので、早々に引き上げたとのこと。
結果、雨の中、お待たせすることになってしまい、申し訳なかったです。

そして、急遽、予定を変更し、この後は、上海博物館を見学することになりました。









トラックバックURL : https://saguaro2.exblog.jp/tb/237182088
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by saguaro2 | 2017-07-14 22:54 | 2017 CHINA | Trackback | Comments(0)

サワロのつぶやき♪2 ~日本橋生活~より改題しました。


by saguaro2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28