ヴァレンタイン・バレエ 新国立劇場バレエ団

新国立劇場バレエ団のトリプル・ビル、"ヴァレンタイン・バレエ"を観てきました。


a0146493_15061730.jpg




一幕目は、バランシンの"テーマとバリエーション"
チャイコフスキーの音楽を具現化した振付に、一糸乱れぬ踊りと体形、もはや、バランシン作品は、新国の十八番といっても過言はないかも。

今回は、米澤唯さんと福岡雄大さんのペア。
最近、あまり組むことのないように思うお二人ですが、息もピッタリ。

米澤唯さんの、指先から爪先まで、意識の行き届いた美しい動き。特に甲の出た美しい爪先にまでニュアンスが感じられて、うっとり。

2幕は小品集。
最初は、ドンキのグランパで華やかに。

2作目、米澤唯さんが今度は、奥村康祐さんと組んで、深川秀夫さんのの振付作品"ソワレ・ド・バレエ"は、オシャレな世界観が、唯ちゃんと奥村康佑にぴったり♡

そして、3作目。
小野絢子さん、八幡顕光さんのペアで、超絶技巧の"タランテラ"
少し滑稽味のある役柄が、意外にも絢子さんにぴったり。姫キャラの絢子さんですが、実は、お茶目なお人柄?
八幡さんのスピード、テクニック加えて、なんとも言えない表現力は、相変わらず申し分なし。
こんなに素晴らしいダンサーに、もっと踊る機会を与えて欲しい!!!!!


3幕目は、男性ダンサーのみで踊られる、"トロイ・ゲーム"
2015年に続く2回目の上演ですが、とにかく、面白いバレエ。
男性ダンサーの身体能力とテクニックを余すところなく堪能できます。
それにしても、すごい運動量。
ダンサーの体力、半端ないですね。


たった1分のヴァリエーションで、ふうふう言ってるようじゃ、ダメですね。
明後日、本番。
良いイメージで臨めそうです。




トラックバックURL : https://saguaro2.exblog.jp/tb/23664011
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by saguaro2 | 2017-02-17 22:05 | 舞台鑑賞(バレエ) | Trackback | Comments(0)

サワロのつぶやき♪2 ~日本橋生活~より改題しました。


by saguaro2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30