和紙の灯と截金の展覧会

お食事会の後、池下の"古川美術館"へ

ただいま、こちらの美術館の別館"為三郎記念館"にて、友人の作品を展示中。



a0146493_22211332.jpg

和紙の灯りと、截金作品の展覧会です。




a0146493_22211454.jpg



ヘラルドの創始者古川為三郎の私邸だった数寄屋造りの建物に、繊細な和紙を重ねた灯と、截金の屏風やタペストリーがしっくりとマッチ。

折よく、日が暮れる時間帯だったので、薄暗くなってくる空気に、和紙のやさしい灯が、よりしっくりと美しく映ります。




a0146493_22211418.jpg


截金(きりかね)は、金箔・銀箔・プラチナ箔を数枚焼き合わたものを、細く直線状に切ったものを、筆と接着剤を用いて貼ることによって文様を表現する伝統的な技法です。
気が遠くなりそうに、細かくて、根気のいる作業を要求されそうな繊細な芸術です。

友人の人柄を繁栄するように、やさしくて、可愛らしい作品です。




a0146493_22211539.jpg
1934年(昭和9年)に建てられた、数寄屋造りの邸宅。
建物内(地下)の茶室の他、お庭には独立した茶室があるそうですが、なにしろ、作品を見ることと、お喋りすることに忙しく・・

機会があれば、ゆっくりと時間をかけて、また違う時間帯の自然光の中でも観てみたい作品です。




a0146493_22211566.jpg

本館で開催中の、展示も、素晴らしかったです。
(これまた、別の機会に、ゆっくり観たいものです・・)





a0146493_22441032.jpg


大学を卒業した後、社会人を経て、美大を受け直し、いまやアーティストとして活躍するお友達。
その情熱と、根性には、本当に頭が下がります。
好きな道をひたすら突き進むその姿が羨ましくもあり、私も、(少しは)頑張ろう〜と、刺激をもらいました。



アメリカから帰国して5年。
その間に、お仕事を初めて、あとの時間はバレエや第九と気ままに暮らして来ましたが、そろそろ、生活を変えてみる時期かも???







トラックバックURL : https://saguaro2.exblog.jp/tb/22169174
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by saguaro2 | 2016-01-10 22:18 | TRAVEL around JAPAN | Trackback | Comments(0)

サワロのつぶやき♪2 ~日本橋生活~より改題しました。


by saguaro2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30