サワロのつぶやき♪2 ~東京だらりん暮らし~ saguaro2.exblog.jp

サワロのつぶやき♪2 ~日本橋生活~より改題しました。


by saguaro2
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

タグ:神社仏閣 ( 176 ) タグの人気記事

貴船神社の本宮から、さらに坂道を登って行くと、



a0146493_20445998.jpg



まもなく、またしても参道






a0146493_20445966.jpg




貴船神社の中宮・結社(ゆいのやしろ)です。

磐長姫命を祭神とし、縁結びの神として信仰されています。

以前は、境内の細長い草の葉を結び合わせて縁結びを願っていましたが、現在は本宮で授与される"結び文"に願文を書いて結びます。



a0146493_20450025.jpg



磐長姫命の御料船とされる舟形の自然石、"天の磐船"



a0146493_20450074.jpg




結宮からさらに、坂道を登って行くと、





a0146493_20450078.jpg



人もまばらで、神聖な空気に。




a0146493_20450147.jpg




貴船神社の奥宮です。




a0146493_20450148.jpg



以前はここが本宮でした、

闇龗神を祭神としていますが、高龗神と同じ神であるとされています。




a0146493_20450184.jpg




御手水で清めて、





a0146493_20450171.jpg



日吉社




a0146493_20450218.jpg



それでは本殿へ



a0146493_20574386.jpg




15世紀初め、玉依姫命(神武天皇の母)が、黄船にのって、浪速から、淀川、鴨川、貴船川を遡ってこの地に上陸し、水神を祀ったとの伝承があります。

この伝説にまつわり、本殿横に舟形に積まれた舟形石があり、この石を持ち帰ると、航海安全にご利益があるとされているそうです。



貴船神社といえば、丑の刻参りでも有名で、奥宮境内にも金輪などが置かれていましたが・・

現代でも、夜はかなり暗いであろうこのって山深い境内で、しかも、もっと灯のなかった時代に、丑の刻参りをするのはかなり根性の要ったことだ、と思われます。

相当、追い詰められないと、ムリですね・・




さて、再び来た道を下り、



a0146493_20574319.jpg




少し早いのですが、お夕食を予約していたお店へ。




a0146493_21000107.jpg






今夜は"右源太"にて、川床です♪
























by saguaro2 | 2017-07-29 20:21 | 京都・奈良 | Trackback | Comments(0)
a0146493_13014618.jpg




貴船へ来たら、まずは"貴船神社"へご挨拶。



a0146493_23120120.jpg



赤い灯篭の並ぶ階段を上り、




a0146493_13014626.jpg



ふぅ〜。

それでも、市内に比べると、かなり涼しい。
さすが、京の奥座敷。





a0146493_13014711.jpg



境内いっぱいの七夕飾り。

8月中ばまで、ライトアップしているそうです。






a0146493_13014798.jpg




御手水で清めて、




a0146493_13014714.jpg




お参り


貴船神社は、水神である高龗神をお祀りする祈雨の神様として信仰されてきました。
全国の貴船神社の総本社です。

水神を祀ることから、地名の"きぶね"とは異なって、"きふね"と濁らずによみます。

古来より、晴れを願うときには白馬を、雨を願うときには黒馬を奉納しましたが、実際の馬に代わって木の板に描いた馬を奉納したこともあり、このことから絵馬が発祥したとも言われる。
ほお〜(ᵔᴥᵔ)


最近は、縁結びの神としての方が、有名でしょうか。




a0146493_13014756.jpg



境内には、御神水が流れています。




a0146493_20192811.jpg




ご神水を持って帰るための、ペットボトルも販売されていました。




a0146493_20192848.jpg




水に浸すと、文字が浮き出てくる"水占みくじ"が大人気。

ちなみに、ワタクシ、小吉でした。

日本語の読めない方のために、バーコードを読み取って、いろんな言語で解説してくれるシステムもあります。
国際的〜




a0146493_20192955.jpg




"夏越しのちのわ"をいただきました。
夏、元気に過ごせますように。




a0146493_20192978.jpg



青紅葉の形がカワイイ絵馬。














by saguaro2 | 2017-07-24 23:06 | 京都・奈良 | Trackback | Comments(0)
浦東空港から、バスに揺られて、3時間ほど。

無錫の街に着きました。

無錫は、3000年以上の歴史を持つ、江蘇省南部の水郷都市です。
大昔に、錫が掘り尽くされてしまったので、”無錫”と呼ばれるようになったとも。
改革開放政策後は、外資企業の誘致に力を入れ、日本企業も多く進出しています。



無錫・・というと、”無錫旅情”の歌くらいしか知識がないのですが、まさにあの歌に歌われた街。
歌のヒットで、日本人の観光客が増え、尾形大作さんは、今でもこちらの歌謡祭?に招かれているのだとか。


 君の知らない 異国の街で
 君を思えば 泣けてくる
 おれなど忘れて 幸せ掴めと
 チャイナの旅路を 行く俺さ
 上海 蘇州と汽車に乗り
 太湖のほとり 無錫の街へ


と、改めて歌詞を見てみると、上海、蘇州、無錫と長江の流れを遡って行く位置関係がわかりやすい(笑)

1986年当時、汽車でしたが、現在は新幹線が走っているので、虹橋から54分で到着するそうです。
チャイナの旅路も、時代の流れで、ずいぶん短縮しました。
(今回は、バスだったけど)




a0146493_21133273.jpg


まず、最初の観光地は、旧市街にある”南禅寺”


自転車がずら〜っと並んでいますが、シェアリング自転車です。
登録者が、スマホをかざして、ロックを解除して使用していました。

この先行く、蘇州でも上海でも見かけましたが、利用している人が多いかというと???
曜日とか、時間の問題もあるのかもしれませんが。



a0146493_21133295.jpg

南禅寺前にあった、城門のような遺構。
特に、ガイドさんからは説明がなかったのですが。

以前は、中国の他の都市と同様、無錫の街も城壁で囲まれていたそうですが、1950年に撤去されています。
その、城門かなぁ?などと、想像してみました。





a0146493_21133369.jpg


交通の激しい、交差点の向こうに見えてきたのが、”南禅寺”です。


原付バイクが、ガンガン突っ込んでくるので、かなり危険。

中には、電動バイクという、全くエンジン音のしないバイクもあり、最近も旅行者が事故にあったのだとか。





a0146493_21133356.jpg


南禅寺は、南北朝時代の547年に創建された古刹です。
1890年に修復されました。




a0146493_21133340.jpg


無錫は、上海からも比較的近いので、別荘的に家を持つ人も多いのだとか。
門前で、一大キャンペーンが行われていました。





a0146493_21133315.jpg


門前は、おみやげ屋さんなどで賑わっています。
よくみると、台湾の物産展的な露店がでていますね。





a0146493_21133461.jpg


それでは、中へ。




a0146493_22045249.jpg


入場は、無料です。


a0146493_21133419.jpg

高さ43.3mの妙光塔

旅程表には、登ることができると書いてあったので、楽しみにしていたのですが、(多分事故があり)現在は、登れなくなっているとのこと。
(旅程表、ちゃんと訂正すべき!!)

運河の水害を鎮めるために、建てられたそうです。





a0146493_21133441.jpg

大雄宝殿

熱心にお祈りをしている方がいらっしゃいました。




a0146493_21133555.jpg


すぐ右側は観音殿



a0146493_22045272.jpg

左は地蔵殿です。





a0146493_22045237.jpg


大雄宝殿の正面が、先ほどの、大きな黄色い楼門の内側にあたります。





a0146493_22045339.jpg

大きなお線香。





a0146493_22045334.jpg


大雄宝殿の中へ



a0146493_22045335.jpg


カラフル〜




a0146493_22045348.jpg

垂れ幕も赤




a0146493_22045413.jpg


脇の壁面に並んでいる、この電子色の物体、写真だとインベーダーみたいだけど、は何かなぁ?と思ったら、




a0146493_22045424.jpg

蓮の花の形をしたランプ

祈願して、奉納するんだそうです。






a0146493_22045449.jpg


ご本尊様の背面





a0146493_22090996.jpg


再び、外へ

ここでおトイレタイムがあったのですが、ちょっと勇気なく・・見送りました。





a0146493_22091065.jpg





a0146493_22091037.jpg

再びバスに乗り、ホテルへ向かいます。

バスに乗っていると、どこがどこやらさっぱりわからないのですが。




a0146493_22242045.jpg

モスクも見かけました。

中国の人の宗教は、仏教、道教、キリスト教、イスラム教だそうですが、実際に多いのは、道教と重なる部分も多い、
民俗宗教のようです。





a0146493_22091176.jpg


ホテルに到着。

a0146493_22091147.jpg


ホテルの近辺は、高層ビルが立ち並んでいました。




a0146493_22091150.jpg

お部屋は、こんな感じ。

西陽がガンガン当たって、室温が高くクーラーがなかなか効かず、しばらく休憩する間に、具合の悪くなってしまった私です。


旅行中、なんとなくクーラー効いてない・・と思う場面が、幾度がありました。

設定温度が高めなのかしら?





a0146493_22091285.jpg


ホテルのお部屋、19階からの眺め。



お部屋に荷物を置いて、一休みした後は、再びバスに乗って、お夕食へ。




a0146493_22242103.jpg


入った瞬間、(具合が悪かったこともあり)、一瞬引いてしまったレストランですが・・




a0146493_22242159.jpg

お味は、なかなかでした。





a0146493_22242101.jpg


本日の夕食は、無錫料理。

無錫排骨が有名なのですが、ちょっとお肉を受け付けない感じだったので、一口だけいただきました。


全体的に甘い優しい味付けで、特に、赤いスープは甘かったけれど、疲れた体には嬉しいお味でした。



初めてお会いするツアー参加者と、円卓を囲むのは、話をするにはいいけれど、食事のペースも違うし、ちょっと微妙・・。
ぐずぐずしてると、お料理がどんどん回って行ってしまい、取りっぱぐれてしまうので、気が抜けないし。
ツアー中は、ずっとそのスタイルでした。




a0146493_22242230.jpg

商売の神様、関羽が祀られています。





by saguaro2 | 2017-06-28 21:07 | 2017 CHINA | Trackback | Comments(0)
目黒不動の後、夫が麻布十番の善福寺へ行きたいというので、三田線で移動。



a0146493_17431048.jpg



"学問のすゝめ最中"



三田から、慶應の北側を抜けて、



a0146493_17431153.jpg



イタリア大使館

やけにお蕎麦の香りがするなぁ、と思ったら、すぐお隣に、



a0146493_17431194.jpg



"蕎麦宮下"

"暗闇坂宮下"の系列店でしょうか?



a0146493_17431159.jpg




突き当たった長〜い塀は、



a0146493_17431101.jpg




綱町三井倶楽部





a0146493_17431253.jpg



三井倶楽部お向かいのこの建物は、地図にも何にも記されてないけど??



a0146493_12270297.jpg




その左手にも、昭和モダンな建築物。
こちらは、もう使われてないみたい。



a0146493_12270316.jpg




信号を渡って、ニノ橋方面へ坂を下っていくと、モダンなオーストラリア大使館。



a0146493_12270376.jpg



"三田共用会議所"

中央省庁が、共用で使っている会議所だそうです。



その北側はお寺が続いています。




a0146493_12270498.jpg




気になったのは、この和洋折衷な感じの"龍源寺"



a0146493_12270411.jpg




代々木体育館か??
というデザインの"円徳寺"



a0146493_18580266.jpg



お隣にはステキなカフェが。




a0146493_18580225.jpg




ニノ橋の交差点に到着。



麻布十番に入ったところで、知合いに遭遇。
お忙しそうだったから、挨拶を交わした程度ですが。
どこで、誰にお会いするかわかりませんね。




a0146493_18580212.jpg



"善福寺"に到着

文永の役で亀山天皇の勅使寺になって以来、勅使門と呼ばれていますが、幕末にアンベール著の日本誌にも描写されていますが、オリジナルは、戦災で焼けてしまったとのこと。




a0146493_18580322.jpg




ご本堂




a0146493_18580396.jpg



日米修好通商条約が結ばれたあと、アメリカの公使ハリスが最初に赴任したのが、この善福寺なのだそうで、記念碑が建っています。

水戸浪士の焼き討ちなどにあいつつも、明治8年に居留地へ移るまで、使われました。



a0146493_18580361.jpg



本堂の屋根にかかる桜の木。
咲いてます。
今度こそ、ソメイヨシノかしら?














by saguaro2 | 2017-03-20 16:37 | 東京散歩 | Trackback | Comments(0)

目黒不動尊の仁王門が見えてきました。


a0146493_20450707.jpg
目黒不動は、正しくは”泰叡山 瀧泉寺”
こちらも、慈覚大師創建の天台宗のお寺です。




a0146493_20450796.jpg

慈覚大師が、最澄に呼ばれて、都へ登る途中、この地で、夢に出てきた不動明王を彫り、安置したのが創建と言われています。

江戸時代に入って、一度消失しましたが、徳川家康の庇護を得て、寛永寺の末寺として、50棟にも及ぶ伽藍が復元し、”目黒御殿”として隆盛を極めたそうです。

江戸時代には、湯島天満宮・谷中感応寺と共に、江戸の三富として富くじが行われ、また、江戸五色不動尊として、庶民の信仰を集めました。

現在でも、毎月8のつく日には市がたち、落語にちなんだ”目黒の秋刀魚祭”は、秋の風物詩として、ニュースでもおなじみ。
庶民に愛されるお寺なんですね。



a0146493_20450710.jpg

正面は、男坂




a0146493_20450869.jpg
階段脇にある、犬の石像

カワイイ♪





a0146493_20450803.jpg

男坂左手には、池があり、水かけ不動がいらっしゃいます。

お水をかけて、お参り。





a0146493_20450922.jpg

この池は、”独鈷の滝”といい、伝承では、慈覚大師が、寺地を決めるときに、独鈷を投げて突き刺さった場所から霊泉が湧き出したと言われています。

平安の昔から、今日まで、枯れることなく、水が湧き出しています。


大地のエネルギーである水が湧いているからか?
このお寺に毎日参っていたヒロミが再ブレイクしたからか?
最近では、目黒不動は、パワースポットとして有名なのだとか。






a0146493_20450969.jpg

男坂をあがり、本堂へお参り。






a0146493_20450900.jpg

本堂裏には、江戸時代に造られた大日如来像がおわします。






a0146493_20451037.jpg

さらに、その後ろには、この土地の神様が祀られています。

お寺の北側は、不動公園として整備されていて、そこから少し行くと、甘藷先生こと青木昆陽のお墓があるそうです。
昔は、そっちの方まで広〜く寺領だったのでしょう。





a0146493_20451057.jpg


花をつけている桜の木がありましたが、ソメイヨシノではないですよね?






a0146493_20462121.jpg

帰りは、女坂から。





a0146493_20462252.jpg
坂の途中に、行者の像が。

役の行者といい、奈良時代の山岳修行者で、修験道の祖として崇拝されている人物だそうです。






a0146493_20462283.jpg

仁王門まで来たら、横からバスが。

どうやら、境内が折り返しポイントになっているみたいですが、こんな狭いところ・・


八つ目屋さんは、相変わらずの行列だったので、参道をもう少し行ったところの、





a0146493_20462290.jpg

お蕎麦屋さん”海老民”へ。

こちらもタイヘンな混雑ぶりで、とろろと穴子をもう一品(なんだったか・・)は、品切れとのこと。
つまみとビールをいただいた後、




a0146493_20462348.jpg
つけ鳥せいろをいただきました。





a0146493_20462379.jpg

再び、目黒川へ。

珍しく船が上って来ました。
船、というより、クルーザー??







by saguaro2 | 2017-03-20 15:40 | 東京散歩 | Trackback | Comments(0)
春分の日の連休は、ポカポカ陽気になりました。

先週、時期外れのインフルエンザでダウンしていた夫も元気になったので、お散歩へ出かけました。

本当なら、この連休は、義母の弟の法事があったので、群馬へ出かけることになっていたのですが。
インフルエンザあがりの人が行って、万が一お年寄りにうつったりしたらご迷惑よねぇ。
命取りになりかねないし。



山手線に乗って、目黒へ。

普段通過することが多く、ほとんど降りたことのない駅です。





a0146493_19470086.jpg
駅から、三井住友銀行の前を西へ折れ、行人坂へ。

寛永の頃、出羽の湯殿山の行仁が、この辺りに大日如来堂を建立し修行をはじめ、次第に多くの行人が集まり住むようになったので、そう呼ばれるようになったそうです。





a0146493_19470094.jpg

坂の途中に、目黒川架橋供養勢至菩薩石像の祠

銘文のより、目黒川の架橋の史実がわかるそうです。




a0146493_19470054.jpg
開運出世大黒天の”大円寺”




a0146493_19470125.jpg

塀の狭い隙間に、木が。
生命力強い。




a0146493_19470197.jpg

坂を降り切ったところは、”目黒雅叙園”

4月1日から”ホテル雅叙園東京”に名前が変わるそうです。





a0146493_19470103.jpg

太鼓橋の上から。

しだれの桜かなぁ? 




も一つ北側の目黒新橋から山手通りに斜めに繋がる道に折れると、行列しているお蕎麦屋さん。
夫曰く、前に来たよ、ってことでしたが、全く記憶にございません。

一時期、お蕎麦屋さん巡りをしていた時期があるのですが、その時???



a0146493_19470283.jpg

そのお蕎麦やさんの前に、啓翁桜





a0146493_19470202.jpg

山手通りに交差する交差点辺りにある、中華料理屋さん。
続々とお客さんが出て来ました。
気になる存在・・



a0146493_19470263.jpg

山手通りの交差点を突っ切ると、目黒不動の参道入り口に、紀伊国屋書店の本社が。

本社って、新宿かと思っていました。




a0146493_19470386.jpg

参道を行くと、すぐに見えて来た、細長い店舗。
お寿司屋さんは、すでに廃業されていました。





a0146493_19481835.jpg

左手に見えて来た”成就院”




a0146493_19481956.jpg
別名、”蛸薬師”

たこ?? 内陸なのに??


天台宗の開祖・最澄の高弟、慈覚大師円仁が、唐から帰国する際嵐にあい、薬師如来の御持仏を海神に投じて危急を逃れ、無事日本に帰り着かれたそうです。
その後、諸国を巡っている途中、肥前の松浦で、海上に光を放ったお薬師様の像が蛸に乗って浮かんでいました。
大師は、東国の目黒に来られた時に、松浦の海で拝んだお姿をそのまま模して、霊木に刻んだのが、蛸薬師如来さまなのだそうです。

なるほど〜。



a0146493_19481923.jpg


”有難や 福を すいよせる 蛸薬師”



a0146493_19481905.jpg

絵馬も、もちろん蛸。






a0146493_19482035.jpg

祝日のせいか、参道沿いのお店は、お休みが多く、ちょっとさみしい感じも。

その中で、ひときわ賑わっているのが、かの有名な”八つ目や にしむら”
いい香りがしてます・・


八つ目やさんの角を右に折れると、目黒不動尊です。









by saguaro2 | 2017-03-20 13:05 | 東京散歩 | Trackback | Comments(0)
東尋坊から、バスで1時間半、永平寺に到着。

長いバス旅は、途中で飽きちゃうかも?と思ってましたが、車窓からの景色を楽しんだり、運転手さんの案内を聞いたり、と、意外と楽しくて、あっという間でした。




a0146493_23205787.jpg




全員名古屋育ちなので、永平寺へは過去数回訪問済み。(名古屋からは、車で気軽に温泉などへ出かける距離)

かくいう私も、数回め。
とはいえ、最後の訪問から、約20年も経過しております。
まっこと、光陰矢の如し・・・


平日の、早めの時間だったので、それほど混雑していませんでしたが、それでも、国内外問わず観光客が次々と到着。




a0146493_23205734.jpg

坂を登って行くと、正面に見える”勅使門”


ところどころに、雪が残ります。
さすが、山深い修行の御寺。



a0146493_23205855.jpg

昭和46年と、比較的最近建てられた吉祥閣という建物から内部へ。
スリッパに履き替えて、歩くのですが、これが、滑る滑る(笑)




a0146493_23205817.jpg

吉祥閣お隣の、”傘松閣”
1930年(昭和5年)に建てられました。



a0146493_23205829.jpg

156畳敷きの大広間の天井は、伊東深水や川合玉堂など、名だたる画家144名による花鳥を中心に描かれた美しいもの。





a0146493_23205980.jpg

それぞれの建物は、渡り廊下で繋がれていて、斜面に沿って、階段状になっているところもあります。
これぞ、永平寺という風景。


人を入れずに、写真を取るのはなかなかに難しく・・・
一眼レフの方には、うまくいった写真が入っているんだけどなぁ。
現在、PCのHDDがいっぱいで、取り込めないのでした。
なんとかせねば・・




a0146493_23205998.jpg

階段回廊から、仏殿方向の眺め





a0146493_23205966.jpg

修行僧の根本道場で、座禅・食事・就寝などを行う、”僧堂”

東司(お手洗い)・浴室と共に、三黙道場といい、一切の私語が禁止されています。





a0146493_23210003.jpg

さらに、上へ




a0146493_23210056.jpg


階段回廊を外から見たところ





a0146493_23233567.jpg





a0146493_23233514.jpg


仏殿から見た、中雀門と山門




a0146493_23233663.jpg

永平寺で一番古い建物、山門

”ここは出家修行の道場であり、家風はすこぶる厳格である。求道心の在る者のみ、この門をくぐるがよい”と入門の心得をといた聯が掲げられています。



ひととおり見学したところで、心地よくお腹もすいてきたので、下山。


先ほどバスを降りて、荷物を預けたお土産やさん”一休”でランチ。


a0146493_23233619.jpg


お蕎麦と、胡麻豆腐、そして、福井名物のソースカツ丼のセット

お土産に、”団助”の胡麻豆腐を購入。
お蕎麦も欲しかったけれど、すでに、お土産とカニが入った保冷バッグとで、買い出し帰りみたいな荷物になっていたので、諦めました。





a0146493_23314498.jpg

再び、バスに乗り、福井駅へ。

永平寺から福井駅へは、エクスプレスバスが出ているので、30分ほど。


福井のお土産は、もちろん、羽二重餅です。







a0146493_23314429.jpg


”しらさぎ”で、琵琶湖の東岸を回り米原へ。

うっかりしていたら、シャッターチャンスを逃して、こんな写真に。

東京から福井へは、金沢周りでも、米原まわりでも、ほぼ4時間と変わらないのですが、2022年には、北陸新幹線が敦賀まで伸びるので、そうしたらグッとアクセスしやすくなります。


意外と混雑しているしらさぎ、席がまとまって取れず、2人ずつ離れてしまいました。
このまま名古屋まで乗って行くYちゃんとは、米原でお別れなので、残念です。

また、近いうちに一緒に旅行しようね♪



a0146493_23314563.jpg


鉄道、街道共に、東海道と北陸道との分岐点で交通の要所、米原。

新幹線やしらさぎで何度となく通っているけれど、乗り換えの為下車したのは初めて。







a0146493_23314539.jpg


新幹線で、東京まで。


3人並びの席に収まり、通路から順に、横浜・品川・東京と、降車駅順に切符が発券されていることに気づきました。
金沢駅のみどりの窓口のお兄さん、仕事がプロすぎる!!!!


ずっと楽しみにしていた2泊3日の旅ですが、終わってしまえばあっという間。
食べて、飲んで、喋って、笑って。
楽しかったなぁ♪♪






a0146493_23314662.jpg

重かったけど、頑張って持ち帰った”加賀鳶”と、





a0146493_23314672.jpg

金沢のノドグロの押し寿司、福井の焼き鯖寿司




a0146493_23314673.jpg


お土産の数々。

ほとんど食べ物(笑)

















by saguaro2 | 2017-03-13 20:15 | TRAVEL around JAPAN | Trackback | Comments(0)
タクシーの中で、慌てて電話するも、先方からは予約時間までに入らないとダメ!との厳しい応対。

たいした移動距離ではないのに、片町あたり渋滞してる。

運転手さんが頑張ってくれて、友人が料金払っているうちに、窓口へ走り込んで、なんとかセーフ。


a0146493_22051608.jpg



本堂へ入ると、すでに本日のラストツアーの参加者がスタンバイ。
ここで、説明を聞いてから、少人数のグループに分かれて、案内してもらいます。

忍者寺は、正しくは、正久山妙立寺という日蓮宗のお寺です。




a0146493_23001298.jpg

金沢は、百万石という外様大名の雄で、常に幕府から隙を伺われ、緊張状態にありました。

幕府隠密と、加賀藩とのスパイ攻防戦は、山本一力氏の”かんじき飛脚”に描かれていて、とても面白かったです。
ご興味があれば、ぜひご一読を。

幕府には、内密で、常に軍備していたというのは、意外と知られた話で、
市内を流れる犀川と浅野川を自然の堀に見立て、両川の外側に寺院を移転し、城の防備としていました。

忍者寺のある犀川外側の寺町は、福井方面からの攻撃に備え、今も、お寺がたくさん残っている地域。





a0146493_23001249.jpg

前田家の祈願所として設置された妙立寺は、武運長久と庶民の安穏を祈願する一方、万が一の出城としての役割を持たせた為、
寺内に落とし穴やら隠し部屋やらを備え、寺自体が迷路のような複雑な構造を持つことになり、”忍者寺”の愛称を得ることになりました。

実際に、忍者がいたわけでは、ありません(笑)


寺内は、少人数に別れてのツアーで、説明を受けながら周り、なかなか楽しめました。
階段下の下男べやなど、ほぼ外??と思うような場所も多々あったので、真冬は、相当寒いかもしれません。




a0146493_23001338.jpg


先ほど、慌てて通って、写せなかった表の門。



忍者寺から歩いて、”にし茶屋街”へ。



a0146493_23001309.jpg





a0146493_23001430.jpg

落雁で有名な、”諸江屋”






a0146493_23001469.jpg
東京でも、百貨店などで手に入りませすが、やはり本店はテンション上がる♪




生落雁を買いました♡





a0146493_23001540.jpg

CACAO SAMPAKAも。

さすがに、ソフトクリームをたべるには、ちょっと寒くなってきました。




a0146493_23001576.jpg

犀川に掛る”犀川大橋”

江戸時代は、防衛上、ここにしか橋がなく、あとは渡し船を使っていたそうです。




a0146493_23001514.jpg
現在の橋は、1924年(大正13年)に架けられたもので、重要文化財に指定されています。




a0146493_23001694.jpg

一度、ホテルへ帰り、小休憩。

名古屋から参加の友人が、大口屋の”餡麩 三喜羅”を買ってきてくれました。


この繊細な、麩の生地、上品なこしあんは、さすが。
関東の和菓子とは、違うんだなぁ〜♡

(偏見だと、お叱りを受けそうですが)

あ〜、確実に食べ過ぎてる。









by saguaro2 | 2017-03-11 16:52 | TRAVEL around JAPAN | Trackback | Comments(0)

春日大社展

東京国立博物館で開催中の"春日大社 〜千年の至宝〜展"に出かけてきました。
開催は、今週末まで。
滑り込みセーフで、ようやく。

ポカポカ陽気で、お出かけ日和。




a0146493_19022972.jpg




平安の正倉院とも言われる春日大社は、国宝の宝庫。
古く平安時代から奉納されてきた絵巻や文物や、武具など。

奈良まで参拝できない人の為に描かれた"春日曼荼羅"
一の鳥居から、御神体である御蓋山までを俯瞰図で描いたもの、神様や仏様も描いたもの、同じく藤原氏の庇護していた興福寺と合体していたり、と、面白い。


昨年の第60回目の式年造替により、交代した、御本殿前に鎮座していた獅子と狛犬に、ようやく会うことができました。


平日昼間に博物館に行くのは多分初めて。
シルバー率90%???
ものすごく平均年齢高め、でした。






by saguaro2 | 2017-03-09 13:50 | 東京散歩 | Trackback | Comments(0)

代々木八幡に初詣

1月も終盤、松もとっくにとれてしまったのですが・・

ようやく、氏神さまに初詣。


a0146493_22562597.jpg



思ってたより、人が多くて、びっくり!(◎_◎;)

今年一年、元気で暮らせるよう、お願いしました。
おみくじも、大吉(^^)v

おみくじは、年に一回、ここでしかひかないことにしています。
一年間お財布に入れて、持ち歩いて、翌年、古いお札と一緒に、納めています。
(それが、正しいかどうかは、???)


暖かくてポカポカ陽気。
お散歩日和でした。


a0146493_22562624.jpg



梅がほころんでいました。
日差しも、日に日に力強くなってきているし。

少しずつ、すこ〜しずつ、春が近づいてきているのを感じますね。





by saguaro2 | 2017-01-22 15:46 | 東京散歩 | Trackback | Comments(0)