サワロのつぶやき♪2 ~東京だらりん暮らし~ saguaro2.exblog.jp

サワロのつぶやき♪2 ~日本橋生活~より改題しました。


by saguaro2
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

水天宮前の広島焼き

お昼を遅い時間に食べ過ぎてしまったので、夜は軽めに済ます?と、前々から気になっていた広島焼きのお店へお邪魔しました。
水天宮前、新大橋通り沿いの"みやこ亭"です。
a0146493_13232258.jpg
↑ ねぎのっけ焼き

a0146493_1324590.jpg

← こちらは、ニンニクのっけ焼き

他に、カキのバター焼きもいただきましたが、特性タレが聞いていて、とっても美味♪



「軽く」なんて、大きな間違い。
ボリュームたっぷりで、食べきれず、お持ち帰りしました。
# by saguaro2 | 2010-03-21 13:16 | 浜町だより | Trackback | Comments(0)
ジョージ・クルーニー主演、「マイレージ・マイライフ」を観てきました。

a0146493_21521199.png




a0146493_2247297.jpg


a0146493_22475652.jpg主人公の職業は、リストラ宣告人。
解雇通告を代行する会社の辣腕社員。
年間322日全米中を出張し、彼のひそかな目標は月の上陸者よりも到達者が少ないと言われる1000万マイルためること。
フライト中、地に足をつけていない分たまるポイント=マイルを、無駄な荷物や人間関係に深くかかわらずに生きてきた彼のライフスタイルの象徴として描き、無駄な荷物は一切持たないという信条だけで生きていけるかを問いかける作品です。

リストラ宣告された人たちの反応は、映画用に撮影されたものではなく、現実世界の人々の反応を記録したものを使用しているそうです。
突然解雇を告げられた人の驚き、怒り、悲しみ等々のリアルな反応に、自分にとって大切なものは?と考えさせらずにはいられません。

a0146493_233373.jpgオープニングに流れる「THIS LAND IS YOUR LAND」、実は、アメリカ在住時に通っていた英語のクラスでも題材として登場した曲です。
1930年代大恐慌の時代に、後に吟遊詩人と呼ばれたWoody Gathrieが、職を捜してアメリカ国内をさまよった時に作った歌で、理想のアメリカを歌いあげていて、第二の国家とも呼ばれるくらい有名な曲なんだそうです。


さびの部分の歌詞はこんな感じ(映画で使われていたのはこの部分)

This land is your land, this land is my land
From Carifornia to the New York island
From the redwood forest
To the Gulf Stream Waters.

後に70年代のアメリカ経済が停滞していた時に、Bruce Springsteenが、アメリカはこうあるべきだ、この曲を聞いて思い出してほしいというメッセージを込めてこの歌をカバーし、そして今またアメリカ経済し、失業者があふれる中、この歌が注目されているそうです。
(なにぶん、私の英語力での理解なので、間違いがあった場合は、お許しくださいませ)

ご興味のある方は、聞いてみてください。


映画の内容はもちろんのこと、空港の様子、靴まで脱がすセキュリティチェック、空から見た円形に刈り取られた農場や乾いた大地などなど、アメリカの風景を懐かしく楽しめました。
# by saguaro2 | 2010-03-20 22:38 | MOVIES | Trackback | Comments(4)

新国立劇場で上映中の「象」を観てきました。
同劇場初登場の稲垣吾郎、出産後初出演の奥菜恵、久々の舞台出演の大杉漣というキャストでも話題になっている作品です。

a0146493_2218144.jpg
別役実初期の代表作「象」を劇化したもので、初演は1962年。
原爆で背中に負ったケロイドを町中でみせびらかし、人々から拍手喝さいを得たいと奇妙な情熱を抱く病人(大杉漣)。彼を引きとめ、人々はもう我々被爆者を愛しも憎しみも嫌がりもしないんだ、とめどなく優しいだけなんだ、だからひっそりがもんすることしかしてはいけないと説得する男(稲垣吾郎)。二人の心の行き違いを軸に、被爆者の陥った閉塞状況を描きながら、さらには人間社会全体の抱える存在の不安を鋭く突いた衝撃作です。

舞台一面に敷き詰められた古着が大量死を暗示し、舞台装置としてあるのは、病院のベッドだけ。
古着は、時に小道具や衣装になったり、古着の間からふっと俳優がせり上がってきたり、消えたり。

正直、私の貧弱な感性の理解を超えた、難解な作品でした。
ただ、観終わった後、ずっと心に引っかかっている、そんな作品です。
# by saguaro2 | 2010-03-18 22:17 | 舞台鑑賞(歌舞伎・演劇他) | Trackback | Comments(0)

おうちでスキヤキ

a0146493_12484893.jpg
名古屋出身のTちゃんに、里帰りのお土産に"角麩"をいただきました。

角麩は、名古屋周辺独特の食材で、グルテンに小麦粉を加えて、すだれを使って板状に成形した麩です。
生麩がもちもちっとした食感なら、もう少しむちっとした食感と言いましょうか・・・。(食べ物の表現って難しい(^^ゞ)
味を吸いやすいので、煮物に入れるほか、スキヤキには欠かせない食材です。

余談ですが、上京したばかりの頃、角麩を捜しまわった挙句見つからず、代わりにスキヤキにちくわぶを入れてみて、×%*?#・・・。
友人に話したら、おでんに入れる具材とのことで。
道理で粉っぽいと思いました。
最初は馴染めなかったちくわぶも、今では我が家のおでんの定番です。

a0146493_1303512.jpg
人形町今半で購入した、霜降り肉の切り落とし。
ちょっと、お肉が小さいんですが、お家で食べるには十分♪
お肉をいっぱい食べると幸せな気分になります♡


a0146493_133837.jpg
White Dayのおやつは、LADUREEのマカロン。
LADUREEは、いわゆる、2枚の生地にクリームやジャム、ガナッシュをはさんだパリ風マカロン(macaron parisienまたはmacaron mou)を最初に考案・発売したお店です。
パリ帰りのMちゃんが以前から絶賛していたので気になっていたお店で、東京だと日本橋三越、銀座三越にお店があります。

a0146493_1351418.jpg

パレットのように鮮やかな色合いが並んだ中から、マカロンを箱に詰めてもらうんですが、どれもとっても美しくって、迷ってしまいます。
包装も、いかにもフランスって感じでオシャレです。
# by saguaro2 | 2010-03-14 12:46 | 浜町だより | Trackback | Comments(2)
地下鉄の車内に張られていた何とも愛嬌のあるネコの写真をみて、心惹かれました。
a0146493_20465844.jpg
写真家、岩合光昭さんの「ねこ」の写真展です。
どちらかといえば、ねこより犬派なんですが、なんとも愛嬌のある猫たち、そしてなにより、ねこの瞬間的表情と、イタリア、エジプト、トルコ、日本の各地の美しい風景がマッチしていて、見ていて飽きない楽しさでした。

a0146493_20515090.jpg
夜は、総武線新日本橋駅近くにある、"てん茂"で食事をしました。
1885年(明治18年)初代が屋台で創業し、その後明治40年に今の場所にお店を構えた老舗のてんぷら屋さんです。
この雰囲気のある建物は昭和22年のもの。

a0146493_2054374.jpg
ごま油で揚げた、江戸前のサクサクてんぷらです。
春の味、若鮎のてんぷらをいただきました。


カウンターが満席で御座敷に通されたのですが、歌舞伎俳優のお歴々のサインが入った額が掛かっていました。
聞けば、昭和20年代に書かれたものとのこと。
古いお店ならではの重みを感じたひとときです。
# by saguaro2 | 2010-03-13 20:45 | 東京散歩 | Trackback | Comments(0)

タコスで朝食

スーパーで、フラワー・トルティーヤを発見したので、朝食にタコスを食べました。
a0146493_20383233.jpg

アメリカでは、よく食べていたので、記憶を頼りに、何となく作ってみました。
ニンニクと傷めた牛肉と、ワカモーレ(アボカド+玉ねぎ+レモン汁)と一緒にトルティーヤに挟んでいただきます。
アメリカから持ち帰った、Trader Joe'sのCipotleサルサ、これが辛くて美味しいんです♡
たまにはこんな朝食も楽しい♪♪

Trader Joe'sの商品、日本で売ったら売れると思うんだけど。
# by saguaro2 | 2010-03-12 20:36 | 浜町だより | Trackback | Comments(0)

お茶の水から湯島散歩

茗荷谷に用事があって出かけた帰り、時間があったので、散歩することにしました。
晴れていましたが、気温が低く風があったので、甘酒でも飲もうということで、神田明神前の甘酒屋さんを目指してGO!

丸ノ内線の御茶ノ水駅を降りたら、湯島聖堂を抜けて、神田明神へ。
湯島聖堂は、各地にあった孔子を祀った孔子廟のなかでも、もっとも有名なもので、江戸時代に直参の旗本や御家人の私邸が学んだ昌平坂学問所がお隣にありました。
a0146493_2146307.jpg

神田明神は、平将門を祀る、江戸の総鎮守です。
元和2年(1616年)、大手町から、江戸城の鬼門に当たる現在の位置に移転されたそうです。
桃山御殿風の壮麗な社殿は、関東大震災で焼失し、現在は昭和9年に再建された鉄筋コンクリート製。

a0146493_21465519.jpg
境内に、銭形平次の顔だし看板がっっ!!
これ、見ると必ずやっちゃうんですよね。
ちゃんと整理したことないけど、顔だしシリーズでアルバムができちゃうかも??
テレビでお馴染の銭形平次は、野村胡堂による小説の主人公で、実在の人物ではないのですが、神田明神下に住んでいたという設定で、境内にはほかに銭形平次の石碑もあります。

a0146493_21473621.jpg
神田明神の鳥居脇にある風雅なお店天野屋さん。
弘化3年(1846年)の創業です。
お店の地下6mの天然の土室で作り出された糀に手を加えて熟成した「天神甘酒」は、やさしい甘みです。
ここの納豆も美味しいんです(^o^)/


武蔵野台地の東は端にあたる文京区。
谷の多い地勢のため、坂道がいっぱいあります。
そんな道を抜けて、湯島天神へ。
a0146493_21475752.jpg
学問の神様菅原道真公を祀っているので、学業成就、受験の神様として絶大な信頼を寄せられている神社です。
お賽銭箱、でかっっっ\(◎o◎)/!
境内につるされた絵馬も、たわわ、という表現があっているかどうかわかりませんが、ちょっと見たことない分量です。
受験生の皆さん、お願いするだけじゃなくって、ちゃんとお礼にもいらしているのね、感心、感心。

a0146493_21482194.jpg
天満宮と言えば、道真公の愛した梅の名所でもありますが、毎年2月の半ばから梅まつりをやっています。
前日の雨と風で散っちゃったんでしょうか、お花は終わり気味でした。

a0146493_21471612.jpg
境内でサル回しやってました。
写真だと、判りにくいけど、ちゃんちゃんこだけじゃなくって、パンツも履いていたオシャレさん。
ものすご~くお利口で、可愛いんです♪

湯島から、上野へ抜けて、御徒町の"うさぎや"(どら焼きが有名)を目指して言ったら、休業日。
が~~~ん(-_-メ)
# by saguaro2 | 2010-03-10 21:41 | 東京散歩 | Trackback | Comments(0)