ご褒美に

今週は(私にしては)頑張ったので、


a0146493_22340929.jpg



タカシマヤの催事で出ていた"浅草小松亭"の洋食プレート

自分にご褒美。
っいうか、甘やかし。

体調イマイチだったのを差し引いたとしても・・
ずっと忙しくして、気を張ってると、疲れ方ハンパない・・
よる年波には勝てず。


毎日働いて、毎晩家族にご飯作ってる世のお母さんには、脱帽です。









# by saguaro2 | 2017-04-07 22:24 | 代々木野日記 | Trackback | Comments(0)

屋根をかける人

日経夕刊のコラムを連載している、作家・門井慶喜さんの作品。

布教のため来日し、奇しくも、建築家として日本各地に作品を残し、メンソレータムで知られる近江兄弟社などの事業を起こしたウイリアム・メレル・ヴォーリズの生涯を描いた作品。



a0146493_21143561.jpg






ヴォーリズは、明治学院のチャペル同志社大学のアーモスト館京都の四条河原町の東華菜館など、たまたま行きあった、なんだか妙に心惹かれるなぁ、と思っていた洋館を設計した人物。

建築を専門に学んだのではなく、もともとは、行きかがり上、見よう見まねで、絵を描くようにデザイン、設計したというのですから、自ずと個性がにじみ出ていて、それに惹かれたのかもしれません。

元々、キリスト教の布教との繋がりで、教会やYMCAなどの宗教関連の施設ばかり設計していたヴォーリズが、個人邸宅を設計する機会になった、大阪の事業家・広岡浅子との出会いは、朝ドラ"あさが来た"にも描かれていました。
(ヴォーリズは、浅子の娘婿・広岡恵三の妹、一柳満喜子と結婚)


逆境にも負けず、とにかく前は前へとアグレッシブに向かう生き方、晩年には、戦後の天皇制の継続にも一役かったとありました。

いいなぁ、爽やかな生き方。
彼の作品を、もっともっと尋ねてみたくなりました。













# by saguaro2 | 2017-04-07 13:40 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)

桜だより

日曜日に、靖国神社と千鳥ヶ淵へ行きました。

a0146493_23105392.jpg



この日、満開宣言の出た靖国神社はともかく、



a0146493_23105385.jpg



千鳥ヶ淵は、水辺だからか、まだ早く、唯一咲いている木に、ボートが集中。



a0146493_23105364.jpg




見頃は、来週でしょうか。
まだまだ寒い。



a0146493_23105466.jpg




火曜日、レッスン後に、新宿御苑へ。

上から眺めて、朝より、レッスンが終わる頃、ピンク色の面積が広がって、花がたくさん咲いたのがわかりました。



a0146493_23105505.jpg



こちらも、満開とは言いかねるけれど、いろんな桜の木があり、開花時期が異なるので、楽しめます。



a0146493_23105533.jpg



この花かんざしのような種類は、"アメリカ"

日本からアメリカに渡った桜を、品種改良したもののようです。



a0146493_23105566.jpg



やっぱり、水辺は遅め。



a0146493_23105612.jpg




日本人、外国人共に、大変な人出でした。



新宿門から、甲州街道を南口へ。



a0146493_23105603.jpg




Newmanの"SAWAMURA"でランチ。

オーロラサーモンのレアステーキ、サルサソース。

私にはちょっと酸っぱかった。



a0146493_23105701.jpg



パンを食べまくりました。
さすがに、おいしい♡

花より団子、です。



そして、今日。
コートなしのポカポカ陽気。
桜も咲いたかな?

・・なのですが、我が家の近所の桜はまだまだ二分咲き、三分咲きと言った感じ。
高台だから、寒いのか??











# by saguaro2 | 2017-04-05 22:51 | 東京散歩 | Trackback | Comments(0)

ようやく♪

開花は、一週間も前に宣言されたのに、


a0146493_23504835.jpg



今日のポカポカ陽気で、ようやく桜が開花♪
一気に花開いた感じです。






週末が見頃とのこと。





# by saguaro2 | 2017-03-30 13:47 | 東京散歩 | Trackback | Comments(0)

CAUPIM-LIMAO

友人のお土産♪


a0146493_13410467.jpg




ブラジル限定、ロクシタン

カイピリーニャ・レモンの香り




# by saguaro2 | 2017-03-27 13:39 | 代々木野日記 | Trackback | Comments(0)

炎環

永井路子著 『炎環』

日経新聞土曜日夕刊の、小説の舞台を訪ねるコーナーで見て、ググったら、Amazonですぐ買えました。(便利だなぁ)

ずいぶん昔の作品ですが、5年くらい前に、新装版が出たみたいです。

何かと、思いついた時に、カチッと利用しているAmazonですが、最近話題の物流業界を圧迫している一因かと思うと、ちょっぴり、罪悪感を覚えているワタクシです。

夜、お風呂場の電球が切れてるからって、夜中にカチッとしたら、翌朝出勤前に届いちゃうなんて、プライムすごすぎ・・
配達のお兄さんに申し訳ない・・

アメリカみたいに、お急ぎじゃないボタンかあればいいのに。


さて、話が逸れましたが・・


a0146493_22592625.jpg




『北条政子』『つわものの賦』など、源氏3代による鎌倉幕府樹立を中心とした東国武士団の興亡を描いた鎌倉モノのひとつで、大河ドラマ"草燃える"の原作になった作品です。

"草燃える"は、なんとなく歴史を意識して、大河ドラマを見るようになり、いまも記憶している作品。

頼朝を石坂浩二さんが、北条政子さんを岩下志麻さん、北条時政を金田龍之介さんが演じました。
(いまは、なんでもウィキペディアでググれるから便利だなぁ)

ひとつ記憶違いをしていたのは、郷ひろみさんが演じたのは、頼家で、なぜか私は実朝を殺害した公暁だったと、思い込んでいました。

なんだか、もう一度見て見たくなってしまいました。

またまた話が逸れました。


作品は4つの短編からなっていて、それぞれが独立したものではなく、それぞれの主役が互いに関係している連作です。

"炎環"という題名は、作者が恣意につけた造語だそうで、解説者によれば、それぞれの主人公のいのちの炎が、輪をなして歴史を結晶していく凄まじい勢い、というようなことのようです。

歴史って、決して一人の力によるものじゃないのですよね。
いろんな人の思惑や、時の流れ、天候、いろんな要素が混じり合ってできた流れ。
表に出ない人の気持ちや思惑や、そういうところに焦点を当てている点で、すごく面白く読めました。







# by saguaro2 | 2017-03-23 22:29 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)
春ですね♪

と、言っても、まだ肌寒いので、まずは味覚から。



a0146493_18450528.jpg




ふきのとうを天ぷらにしてみました。

山菜の苦味は、春の不調、ほてりとか不眠とか、を解消するのに役立つんだそうです。




a0146493_18450679.jpg





先日、金沢で買った"不室屋"の、すだれ麩とあわ麩があったので、治部煮をつくってみました。

花麩はなかったので、人参を飾り切りに、スナップエンドウがあったので入れてみたら、かなりビビッドな色合いに。
鴨肉も手に入らなかったので、鳥もも肉で。


持ち帰るのは重かったけど、おいしくて、よかった♡









# by saguaro2 | 2017-03-20 18:37 | 代々木野日記 | Trackback | Comments(0)

サワロのつぶやき♪2 ~日本橋生活~より改題しました。


by saguaro2