サワロのつぶやき♪2 ~東京だらりん暮らし~ saguaro2.exblog.jp

サワロのつぶやき♪2 ~日本橋生活~より改題しました。


by saguaro2
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
雨は、夜のうちに止みました(≧∀≦)

ホテルをチェックアウトして、浦東地区へ。




a0146493_17220814.jpg

ドバイのブルジュ・ハイファに次いで、世界で二番目に高い”上海タワー”、上海中心大厦
高さ632m・118階建のビルです。

天に向かっていく龍のイメージは、アメリカのゲンスラー社によるデザインです。

2016年3月竣工なので、図書館で借りたガイドブックには、載っていませんでした。






a0146493_17220832.jpg

上海のビッグ3

真ん中が、2008年に完成した森ビルの”上海環球金融中心”、で492m・101階
左が、1998年完成の金茂大厦(ジンマオタワー)、421m・88階です。




a0146493_17220860.jpg

それでは、中へ。





a0146493_17220965.jpg

ちょうど、外側のお掃除をしていましたが、ビルのてっぺん辺りのお掃除ってどうしているんでしょう????
考えると、ゾワゾワするので、やめときましょう。




a0146493_17220997.jpg

働くわんこ





a0146493_17220963.jpg


周りも高層ビルばかりで、その中でも上海タワーが一際高い、のですが、根元にいると高さの実感がありません。




a0146493_17220900.jpg





a0146493_17221045.jpg

1番目は、ブルジュ・ハリファ、2番目は上海タワー、それでは、3番目は??と見ると、
メッカのクロック・タワーでした。
現在、サウジアラビアは、世界一入国の難しい国なので、情勢が変わらない限り、この目で見ることは叶いません。

4番目が、NYCのワン・ワールド・トレード・センターです。
もうオープンしていたのね〜。  (2014年11月です)




a0146493_18060904.jpg


一度、地下へ降りて入場です。



a0146493_17520403.jpg


内部には、いろいろな展示があり、じっくり見ると結構面白い。

”亚洲”って、我が国って意味かな? ”台湾の101”も入ってますけど〜!?と思ったら、”亚洲”はアジアって意味のようです。

アジアと言いながら、中国本土と香港にあるビルがほとんどです。





a0146493_17520478.jpg

ビルの工法や環境設備などについての説明の映像をみます。

なるほど〜、最新のビルってそのようになっているのね、と感心することが多く、興味深く拝見しました。





a0146493_17520525.jpg

映像も美しく、



a0146493_17520548.jpg





a0146493_17520543.jpg


夕暮れ時とか


a0146493_17520549.jpg


夜にも来てみたいと思いました。




a0146493_17520654.jpg

上からのデザイン




a0146493_17520622.jpg

それでは、エレベータで展望台へ。




a0146493_17520681.jpg

これは、下りの時にとった写真ですが、地上117階の展望台へは、たったの55秒!!!!!
最高速度、秒速18mだそうです。




a0146493_17520664.jpg

エレベーターは、三菱電気製






a0146493_18002153.jpg


展望台からの眺め。

上海のシンボル”東方明珠塔”が眼下に!


恥ずかしながら、最初に上海タワーと聞いた時に、このテレビ塔のことかと思っていました。
ちなみに、高さは、468m。
テレビ塔としては、アジア一です。




a0146493_18002180.jpg

すぐ近くに、ジンマオタワー




a0146493_18002253.jpg

そして、森ビル

近すぎます!!





a0146493_18002207.jpg


雲が流れてくると、視界が真っ白になることも。

展望台は、ガラス張りで、360°の回廊になっています。





a0146493_18002334.jpg


遠くに雲が。


a0146493_18002349.jpg


テレビ塔とは反対側の眺め。

黄浦江の濁った流れが眼下に。





a0146493_18002332.jpg


黄浦江に、蘇州川が合流するあたり




a0146493_18002393.jpg


再び東方明珠塔


a0146493_18002457.jpg


館内は、こんな感じ。

開放路線に向かった頃の、電気製品などの企画展示中。


さらに、上の118階も開放していましたが、テレビ塔側は、クローズ。
日によっては、全面クローズされているようです。




a0146493_18060953.jpg

東方明珠塔アップ。

上の球場のところ、ピンクのモザイクみたいで、可愛いデザインです。





a0146493_18060903.jpg

豫園あたり




a0146493_18061057.jpg

拡大すると、あの一角だけ、黒い屋根の伝統的な建築物が残っているのがわかります。



a0146493_18061070.jpg

実は、写真は、かなり撮ったつもりでいたのですが、この日に限って、白地にネイビーの縞のブラウスを着ていて、窓ガラスに写り込んでしまい、
ほとんどがボツに。

こういうところに行くときは、反射を考えて、暗い色の服を着るべきだと学習しました。





時間になりましたので、エレベーターで地下へ

地下におみやげ屋さんがあるのですが、時間の関係上、スルー。






a0146493_18061169.jpg


こんなオソロシイ名前のハンバーガー屋さんが。
絶対、寄りたくありません。



a0146493_18061177.jpg






a0146493_18061103.jpg


エスカレーターで、地上へ。

天空の世界から、俗世間へ戻って来た気分。




a0146493_18061148.jpg

ギラギラに晴れて来ました。
暑っっ

朝は、曇っていたので、帽子は、トランクにしまってしまいました。




a0146493_18072812.jpg

ビルの合間から見える、二つのビル。




a0146493_18072979.jpg

こんな形の怪獣いませんでしたっけ?



地上、600m超の世界なんて、ゾワゾワしてしまって、窓に近づけないんじゃないかと思っていましたが、建物に安定感があるせいか、それとも地上が遠すぎて、もはや何がなんだかわからなくなっているからか、意外と平気でした。

同じく、高いので敬遠していたスカイツリーも、展望台の高さは、450mと、ここよりは低いし、意外といけるかも。
(都庁の展望台は、202mだそなので、倍の高さ?)

ということで、秋になって空気が澄んで来たら、スカイツリーにチャレンジしよう〜と、心に誓ったのでした。











# by saguaro2 | 2017-07-14 22:59 | 2017 CHINA | Trackback | Comments(0)
雲の中に隠れいている上海タワーへ登る予定から、急遽、明日寄る予定になっていた、”上海博物館”へ行くことになりました。



a0146493_16482221.jpg

上海博物館

北京の故宮博物館、南京博物館とともに、中国三大博物館の一つに数えられています。

1952年旧租界地の競馬場跡地に建設され、その後数回移転しましたが、1996年に再びこの地に開かれました。
博物館の外観は、最上階に円盤を頂き、下部が鼎の形状で、”方円地方”という古代からの中国の世界観・宇宙観を示していると同時に、鼎に代表される青銅器のコレクションを表しています。




a0146493_16482226.jpg

入場は、無料だそうですが、入館するにあたり、荷物検査と持ち物検査があります。
空港のセキュリティチェックより、物々しいくらいでした。




新石器時代から近代に至る、土器・玉器・青銅器・陶器・書画など、12万点にも及ぶ膨大なコレクションのうち、世界の耳目を集めるのは青銅器のコレクションです。

1階は、古代彫塑館、古代青銅器館

2階は、古代陶磁館

3階は、歴代絵画館、歴代書法館、歴代印章館

4階は、古代玉器館、明清家具館、歴代銭弊館


となっており、とりあえず4階まで登り、順番に下へ行こうということになったのですが。
1時間半で見られる量なんて知れたもの。

特に、父は博物館ではじっくり見たいタイプなので、かなり急かして、とりあえず1階の青銅器まで辿り着いた、というところです。



写真撮影OKなので、陶磁器の写真を撮ってみました。




a0146493_16482348.jpg





a0146493_16482308.jpg




a0146493_16482318.jpg


海外の博物館は、比較的、撮影OKと、おおらかですよね。




a0146493_16482382.jpg

夕食は、広東料理のお店で、





a0146493_16482464.jpg


フカヒレスープ





a0146493_16482495.jpg

明日は、晴れるかな?






# by saguaro2 | 2017-07-14 22:57 | 2017 CHINA | Trackback | Comments(0)

a0146493_15432004.jpg



豫園商城を後にして、近くの大きな公園経由、"外灘"へ。





a0146493_15432118.jpg

対岸の浦東サイド。
この後、上海タワーに登る予定になっていますが、てっぺんは完全に雲の中。

本来なら、この後、遊歩道に上がって、外灘を見学ということになっているのですが、どうしても行きたいところがあり、
30分という約束で離脱させてもらいました。

(・・結局、地図で見た感じよりかなり遠く、雨が降っていることもあり、途中で断念したのですが)





a0146493_15432197.jpg

遊歩道からの眺め

”外灘”は、英語で、The Bund、土手です。
1842年、南京条約によって、外国の租界地にされたエリアで、以後ヨーロッパ風の石造りの建築が建てられました。
特に、黄浦江に面して、旧イギリス租界の重厚なネオバロックやアール・デコなどの折衷した建築が並んでいます。

中華人民共和国建国後は、政府に接収され、内部を改装して公共機関として利用されてきましたが、現在も多くは市政府の施設や金融機関、ホテルなどとして利用されています。






a0146493_15432258.jpg

多感なお年頃に『南京路に花吹雪』などを読んで、租界時代の魔都上海に憧れていた私には、聖地?とも言えるほどの場所なのですが、
あまりゆっくり見られませんでした。





a0146493_15432289.jpg

完全に、雲の中・・




a0146493_15432393.jpg



ドーム型の屋根は、近年まで上海人民政府庁舎として使用されていた”上海浦東発展銀行”、その右隣は、”上海海関”でしょうか。





a0146493_15432303.jpg



三角のファサードの建物は、外灘6号
以前は、中国人により初めて開かれた銀行・中国通商銀行として使用されていました。





a0146493_15440235.jpg

外灘5号は、日経の日清汽船上海支店でした。





せっかくの外灘も、雨だし、時間もなく、で中途半端に駆け抜けただけで終わってしまいました。


で、皆さんはといえば、昨夜、ナイトクルーズで外灘は見学していることもあり、雨降りなので、早々に引き上げたとのこと。
結果、雨の中、お待たせすることになってしまい、申し訳なかったです。

そして、急遽、予定を変更し、この後は、上海博物館を見学することになりました。









# by saguaro2 | 2017-07-14 22:54 | 2017 CHINA | Trackback | Comments(0)
多倫路文化名人街から、歩いて、程なく


a0146493_14390305.jpg

”上海老街”





a0146493_14293328.jpg

昔ながらの街並みを生かして、最近整備されたようです。






a0146493_14293309.jpg

独特の形状のうだつ?の上がった家々。





a0146493_14293448.jpg

路地には、生活のにおい。




a0146493_14293483.jpg

郵便局とポスト。

中国のポストは、緑色。



a0146493_14293433.jpg


まずは、ランチタイム





a0146493_14491992.jpg

飲茶ということで、楽しみにしていたんですが・・。
ちょっと想像と違いました⤵︎⤵︎

食事に関しては、自由な旅行で、自由に食べるのがいいなぁ、私は。




ランチの後は、寝具店に案内ということだったのですが、

寝具??

さっき、お布団見たじゃん??


今度の寝具は、ラテックス(ゴム)製の高反発のもので、枕とかマットがメイン。
製品の特性の説明を聞いた後、お部屋にたくさんあるベッドに寝て、高反発の良さを体感します。
食後だったので、軽くお昼ねしちゃいました。

お買い上げの後は、真空パックで圧縮してもらえて、マットを購入した場合は、キャリーバッグまで付けてくれるとのこと。
ちょうど、枕を買い換えようと思っていた、両親が枕を買ったのですが、荷造りの時に、真空パックが崩壊。
なんとか、フタはしまったものの、飛行機の中で爆発するのではないかと、ヒヤヒヤでした(笑)





a0146493_14293544.jpg

さらに、歩いて、”豫園商城”へ。

江南式名園”豫園”の西側に広がる門前町、ショッピングエリアです。
(浅草に例えるなら、仲見世でしょうか?)



a0146493_14293511.jpg


古い街並みに見えますが、



a0146493_14293623.jpg

”星巳克珈琲”、スタバとかもあります。




a0146493_14335497.jpg

上海では外せない観光スポットということで、大変な人並み。

ここで、珍しく、自由時間30分。





a0146493_14335582.jpg

元々は、豫園の一部だった、”湖心亭”
清代から茶藝店として営業している、上海最古の茶藝館。

時間が、あったらお茶したいところでしたが・・




a0146493_14335542.jpg

湖心亭前の、”九曲橋”




a0146493_14335579.jpg







a0146493_14335688.jpg






a0146493_14335668.jpg






a0146493_14335677.jpg






a0146493_14335769.jpg


豫園の建物群の屋根




a0146493_14335762.jpg

豫園の入口。



a0146493_14335734.jpg

”豫園”は、中国庭園の中でも自然石と水を巧みに配した江南式名園の名園です。

明代に20年かけて作れた後荒廃し、清の乾隆年間に修復。
その後、アヘン戦争や太平天国の乱、文化革命と、荒廃と修復を繰り返し、1980年代の修復で、現在に至っています。

一周するのに、1時間半〜2時間くらいかかるということで、今回は見送りに。



かの有名な”南翔饅頭店”も覗いて見ましたが、雨にもかかわらず長蛇の列にて、すぐに諦め、ぶらぶらするにも、このお天気なので、




a0146493_14363267.jpg

お茶をすることに。




a0146493_14363266.jpg

茶藝館風のレトロなカフェで、コーヒーをいただきました(笑)

中国で飲むコーヒー、底に粉が残っているような感じのことが多かった。(粉コーヒー?)
この感じ、どこかの国で飲んだものに似ているのですが、どこだったか? インドネシアだったか??




a0146493_14363260.jpg

お茶のお道具

かつて(かれこれ、20年くらい前?)、中国茶のお教室へ行っていたこともある私ですが、
たまに旅行先でお茶を買って、数回飲むくらいで、すっかり遠のいてしまっています。

私の生活スタイルや味覚には、あまりマッチしないみたいで・・。
結局のところ、焙じ茶好きってことですね。




a0146493_14363331.jpg

ちょうど、豫園の出口あたり。





a0146493_14363361.jpg



豫園には寄れなかったし、雨で豫園商城も満喫できなかったので、また次回への宿題を残してしまいました。









# by saguaro2 | 2017-07-14 22:52 | 2017 CHINA | Trackback | Comments(0)
魯迅公園から、ほど近いところにある”多倫路文化名人街”

日本人租界であった虹口のこの辺りは、当時、文化人が集まる場所でもありました。




a0146493_22063405.jpg


通りは、2011年に整備されたのだそうです。
石畳の素敵な通りになっています。






a0146493_22063441.jpg

”多倫路250号住宅”

1924年オランダ人の家として建築された、イスラム風のデザインを取り入れた名建築





a0146493_22063596.jpg

中に入ってみたかった・・






a0146493_22063505.jpg

美しいファサード




a0146493_22063613.jpg


路地を除くと、生活感溢れる空間が。
かつての日本からの移住者たちも、こんなところで生活していたのでしょうか。





a0146493_22063692.jpg

中国の文化人の像と思われますが、判明せず。

すみません・・教養なくて。




a0146493_22063734.jpg


アパートの前にも。




a0146493_22063716.jpg

”中国人民解放軍第四一一医院”と読めます。

1920〜30年代に建てられた建物が、現在も様々な施設として利用されています。





a0146493_22103698.jpg

”佐中堂”





a0146493_22103707.jpg





a0146493_22103751.jpg


路地の入口のこの門は、夜になったら閉じられるのでしょうか?
江戸時代の町のように???



a0146493_22103870.jpg


中なんとか大学の宿舎旧跡だそうです。




a0146493_22103800.jpg






a0146493_22103813.jpg






a0146493_22103831.jpg

書画屋さん

骨董屋・古銭商なども軒を並べています。





a0146493_22103914.jpg

かつての映画館・・だったような・・






a0146493_22103976.jpg




a0146493_22130948.jpg

緑が多く、ヨーロッパの街並みのようです。





a0146493_22130965.jpg


1920年に建てられた洋館。



a0146493_22131014.jpg






a0146493_22131032.jpg

”鴻徳書房”の前に立っているのは、内山完造。

内山完造の経営していた”内山書店”は、上海随一の書店として、また日中の文化人の集まるサロンのような役割も果たしていました。
もちろん、魯迅も内山氏と親交がありました。





a0146493_22131084.jpg



”鴻徳堂”

建築的にも貴重な、中国風のキリスト教会です。






a0146493_22131106.jpg

多倫路文化名人街の近くには、魯迅の故宅もあり、またゆっくりと訪ねてみたいエリアです。











# by saguaro2 | 2017-07-14 22:00 | 2017 CHINA | Trackback | Comments(2)
a0146493_21083276.jpg



朝起きると、雲が垂れ込めて、何やら怪しい雲行き。





a0146493_21083377.jpg



上海市街の北の方。
多分、普通の人が住んでいるエリア。






a0146493_21083343.jpg



やはり、庶民の足は、自転車でしょうか。

・・・っていうか、交差点の真ん中ですけど?

自転車とか、バイクは結構無法地帯です。
特に、電気バイクとかいうのが、音もなく近づいてくるので、危ない。
こういう場所では、自分の身は自分で守らねば、と結構注意していたにもかかわらず、一度、轢かれそうになりました。








a0146493_21083337.jpg






a0146493_21083308.jpg


ほとんど写ってませんが・・
蘇州川、だそうです。




a0146493_21083423.jpg


最初に向かったのは、シルク店

雨がポツポツ???




a0146493_21083429.jpg


絹糸を紡ぐ説明を聞きます。






a0146493_21083433.jpg



シルク製品といいつつ、メインはシルクの寝具。
真綿のお布団です。

以前、中国の別の場所を旅行した時買って良かった今回も購入するという方に、オススメいただきましたが、
荷物になるのでやめました。
我が家、狭いんで。


シルク製品の小物とか、お土産にいいかも、と期待していたんですが・・

もうちっと、デザイン荷物に工夫があれば・・
要は、お布団がメイン商品なんですね。



シルク店にいる間に、雨が本降りになってました⤵︎⤵︎




a0146493_21083573.jpg


そして、次に向かったのは、"魯迅公園"




a0146493_21083563.jpg



公園の入り口の文字は、周恩来のもの。

人柄を感じさせるいい字だなぁ。





魯迅公園は、1905年に開かれ、当時は外国人向けのスポーツ施設や練兵場がおかれていました。
1922年に"虹口公園"と改称されました。

当時の、虹口は、日本人居留者が多く住む”日本人租界”と呼ばれていました。

日本が敗北し撤退した1945年に、蒋介石にちなんで"中正公園"に改称された時期を経て、文豪の魯迅がしばしば散歩に訪れたことから、1988年に"魯迅公園"と改称されました。

と、いう説明は、特にガイドさんからはなく(もちろん、日本人租界についても)、父の知識と過去に訪問した時の記憶から。

微妙な問題なので、ガイドさんも特には触れないってスタンスなのでしょう、きっと。





a0146493_21272435.jpg

中国の誇る文豪・魯迅にちなんで、庭園内には、世界の文豪の銅像が。






a0146493_21272521.jpg


シェイクスピア?





a0146493_21272544.jpg


繰り返しになりますが、公園はとても綺麗に整備されています。

後で知ったのですが、正面の壁面は、公園の歴史を記したレリーフなのだそうです。
ゆっくり眺めてみたかったなぁ。

この時は、雨が結構降っていて、歩くのに必死で、横道にそれる気持ちの余裕なんてなかったのですが。






a0146493_21272593.jpg

雨なので、人もまばらですが、普段は、太極拳や社交ダンスの練習をする人などでいっぱいで、市民の憩いの場所なのだそうです。




a0146493_21272627.jpg

食堂




a0146493_21272606.jpg





a0146493_21272607.jpg


上海虹口足球場

サッカースタジアムです。






a0146493_21272646.jpg


ボートに乗れる公園もあります。




a0146493_21272720.jpg

魯迅像





a0146493_21291783.jpg

そのうしろに、魯迅のお墓。

没後、20年の年に、移設されました。
墓碑は、毛沢東によるもの。




a0146493_21291762.jpg

園内には、魯迅の記念館もあるそうです。

いつかまた晴れた日に、来てみたいなぁ。



















# by saguaro2 | 2017-07-14 20:51 | 2017 CHINA | Trackback | Comments(0)
さて、ようやくホテルが見えて来ました。


a0146493_00561632.jpg




上海市街の西の方。



a0146493_00561603.jpg



"上海新発展亜太万豪酒店"




a0146493_00561745.jpg




平たく?言えば、"JWマリオット長風公園"です。




a0146493_00561746.jpg




まだ出来て数年の新しいホテルらしく、たいへん居心地は良かったのですが・・



a0146493_00561786.jpg




カードキーをかざして、宿泊階のボタンだけを押せる、という最新のエレベーターが仇となり、

カードキーの不具合で、宿泊階のボタンを押せない事例が、多発・・

たまたまエレベーターの中で困っていた他のメンバーの分も含め、2泊の間に何度もフロントに出向く羽目に。





a0146493_00561832.jpg




この夜は、兄が合流して、ホテルのラウンジへ。

兄が、逞しく、元気に、異国の地で暮らしている姿を見て、両親はたいへん嬉しかったようです。
(旅程には、いろいろ不満もありますが、これがなにより一番の思い出になった・・かも?)





a0146493_00561819.jpg



ちょっとボケてますが、私のお部屋。
シングルユースには、贅沢な広さ。




a0146493_00561839.jpg




アメリカからのビジネスマンを意識してか、デスク周りのIT環境は充実していましたが、デスクがバスルームの入り口にあるのは、イマイチ。

パソコン広げてたら、結構ジャマかも。





a0146493_00561845.jpg



バスルームも広々。

反対側に、シャワーブースがありました。



・・が、この感覚って、風呂桶の横に"洗い場"のある感覚の日本人には、イマイチ馴染めません。

ツーソンで住んでいた家もそうでしたが、バスタブに浸かった後、髪や身体を洗うために、シャワーブースに移動すると、床はびちゃびちゃです。
(バスタブには、シャワーヘッドついてません)






a0146493_00561929.jpg



お部屋からの夜景。

手前は、長風公園、そのずっと向こうが、中心街です。




a0146493_01114065.jpg




北側モール方面。

29階、少し張り出した感じの角部屋だったので、開け放つと、なかなかのナイスビューありましたが、同じくカーテンを開け放していた、斜め下のお部屋が丸見えになっていたので、即閉めました(笑)



a0146493_01114199.jpg




翌朝の眺め

ちょっと、空模様が怪しいかなぁ・・




a0146493_01114129.jpg




傘を忘れないように持って行こう。




a0146493_01114194.jpg




アメリカ資本ののホテルらしく、朝食は充実♪

一日目は、オムレツを焼いてもらって、お粥。
もちろん、皮蛋をトッピング。



オムレツは、一つ食べるとなかなかのボリュームなので、ハーフポーションで、とお願いしたんですが、コックさんと全く意思の疎通がはかれず・・
(とはいえ、本場アメリカのサイズよりは、ひかえめでした。)






a0146493_01114136.jpg



なので、
2日目は、麺をオーダーしてみました。



カリフォルニアのオレンジジュースに、野菜サラダ。
おまけに、点心まで食べられて、本当に充実の朝食でした♡
































# by saguaro2 | 2017-07-13 23:37 | 2017 CHINA | Trackback | Comments(0)