サワロのつぶやき♪2 ~東京だらりん暮らし~ saguaro2.exblog.jp

サワロのつぶやき♪2 ~日本橋生活~より改題しました。


by saguaro2
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー

<   2017年 01月 ( 27 )   > この月の画像一覧

和菓子屋のあま酒

普段から美しい方が、ますます艶めいていたので、美容の秘訣を伺うと、手作りして、あま酒を飲んでいるとのこと。

そう!飲む点滴、あま酒は、ミネラルも豊富なスーパー栄養ドリンク。

と、以前、八海山のあま酒にハマった時に、記事にした記憶が。 ⇨八海山 千年こうじ屋@coredo室町2
私的にはブームがすっかり過ぎ去ってました。



a0146493_17405085.jpg



乗換の途中立ち寄った、"OMOKINOKUNIYA"で、
"榮太棲✖︎獺祭"コラボの"和菓子屋のあま酒"

冷やし飴みたいに甘くておいしい。

原料が、純米大吟醸の酒粕と液糖なので、酒粕を溶いたものに、甘みを足したタイプのあま酒なので、美容の為には、やっぱり、八海山か。
また買ってこよう。








by saguaro2 | 2017-01-31 17:32 | 代々木野日記 | Trackback | Comments(0)

週末♪

週の後半から、寒さが緩んで、身体がラク♪
でも、インフルエンザが猛威を振るっているから、油断できない。

この一週間の間に、舞台鑑賞が3回、お仕事、レッスン、飲み会と、予定がびっしり詰まっていて、さすがに疲れました。
(なぜ、こんなに予定が集中するのか??)


その忙しい週の最後は、バレエの先生の公演へ。
お友達を誘って、いつものヨガクラスをこなしてから、お花屋さん経由で劇場へ。



a0146493_14205855.jpg

世田谷の閑静な住宅街の、一般の御宅の地下にある素敵なホールにて。
オペラ好きが講じて、自宅にホールを作ってしまうなんて、なんとも羨ましいお話。





a0146493_14205915.jpg
ダンサーのみならず、演劇、歌、楽器のプロ達が集まって作る舞台、エンターテイメント性バッチリで、初めから最後まで楽しみました♪
いいなぁ、芸達者って。



a0146493_14205991.jpg



お正月以降、週末もほぼ休みなしで働いている我が夫。
今週は、出張先から、親族の葬儀へ。

冠婚葬祭とか、お盆など、頻繁に行き来していたわけではありませんが、いつもニコニコと笑っていたおじさまがいなくなってしまうと思うと、寂しい限り。
最後に青いした時には、お元気だったのに。

昨年3月に義母が亡くなってから、葬儀はこれで4度目。
まことに慌しいこの1年間です。


で、そのお疲れモードの彼のリクエストで、火鍋。

新宿野村ビルの”陳麻婆豆腐店”にて。
辛くてクサいもの食べて、パワーアップ↑↑

明日は、お家でゆっくりしよう。










by saguaro2 | 2017-01-28 22:17 | 東京散歩 | Trackback | Comments(0)

TAVERNA UOKIN@京橋


今年最初の、”裏マダム会”
@京橋の"TAVERNA UOKIN"

先月は、欠席者が多かったのですが、今回は賑やかな会になりました♪



a0146493_13572445.jpg


それにしても、混んでる。
お料理もこのクオリティーで、お酒もコスパいいし、お店のロケーションもいいし、なら、流行らないハズがない。

くだんの池袋のBISTROは、昨日オープンになったととのこと。
同時に、秋葉原店もオープンとか。



やっと、UPする写真の大きさを変更できました。
スマホはともかく、たまにPCで見ると、大きすぎてびっくりしていたので・笑





by saguaro2 | 2017-01-27 21:52 | 東京散歩 | Trackback | Comments(0)
NODA MAPの第21回公演 "足跡姫 〜時代錯誤冬幽霊〜観てきました。


a0146493_09490220.jpg



十八代目勘三郎へのオマージュ作品と銘打った作品。
彼の葬儀の時の弔辞で、三津五郎の「肉体の芸術って辛いね。死んだら何も残らないんだものな」という言葉を聞いて、"肉体を使う芸術。残る形のない芸術"について、勘三郎の名前や思いを作品にしたとのこと。

白木に回り舞台、奈落やすっぽん、花道のある歌舞伎風の舞台に、縄や戸板、幕(定式幕じゃなくって、もっとペラペラした感じの。何ていうの?)歌舞伎風の演出などを入れつつも、衣装やかつらは、江戸時代の風俗を取り入れつつも、現代的にアレンジ。

野田演劇を久しぶりに観ましたが、言葉遊びの弾丸セリフの応酬、意味がないようでいて計算され尽くしたセリフや伏線は、テンポの良い進行は、野田作品の真骨頂。
意味のないような駄洒落のセリフだったりするのに、妙に記憶に残るんですよね。
(20数年前に観た、夢の遊民社時代の"贋作・満開の桜の木下で"のセリフとシーンは、いまでもハッキリ覚えてる)

回り舞台を駆使して、その上に橋を使った演出や、江戸時代なのになぜかサンタクロースが登場するところは、勘三郎とタッグした歌舞伎"野田版研ぎ辰の討たれ"を彷彿とさせられました。
あれも16年も前の作品なのに、鮮明に記憶しています。
それだけ、印象的ってことですね。
才能なんだなぁ。

相変わらずのハチャメチャな舞台展開でしたが、ラスト、妻夫木くん演じる猿若が、姉三、四代目出雲阿国(宮沢りえちゃん)の亡骸を抱いて、猿若勘三郎になる!少なくとも18代目まで繋ぐ!と誓うシーンは、大好きだった勘三郎のことを思い出して、泣いちゃいました。
あんなに、花のある役者は、もう二度と現れないだろうなぁ。

これまた大好きな役者である、古田新太さん。
死体を演じても、あの存在感。
最近、テレビでお見かけすると、ちょっと飲みすぎでは?と思わなくもない容貌になったますが、殺陣のキレも、相変わらず。
春の新感線の公演も楽しみです♪



a0146493_13581437.jpg




今回、池袋の東京芸術劇場へ初めて行きました。
駅から近くてアクセスもいいし、小ぶりですが、なかなかいい劇場ですね。




by saguaro2 | 2017-01-24 23:46 | 舞台鑑賞(歌舞伎・演劇他) | Trackback | Comments(0)

池袋に・・

"BISTRO UOKIN"できるらしい。


a0146493_13584204.jpg




開店いつ?




by saguaro2 | 2017-01-24 18:14 | 東京散歩 | Trackback | Comments(0)
上野の東京文化会館で、日本バレエ協会の公演"ラ・バヤデール"を観てきました。


a0146493_23000242.jpg



どのキャストも魅力的で、散々迷ったのですが、やはり、長田佳世さんの引退公演は見逃せない。
おまけに、お相手は、やんちゃぶりがツボの橋本直樹さんの、元Kコンビ。

長田さんのシャープでスピーディ、正確な踊りが、もう見納めと思うと、とっても残念。
おまけに、妖艶なニキヤ。

それにしても、恋人を政略結婚で奪われた上、毒殺され、それでも思いを断ち切れずに亡霊となって恋人と踊って、化けて出てライバルとの結婚式をぶち壊すって、オソロシイストーリーです。

ニキヤのことを愛していながら、ガムザッティとの結婚を承諾するソロル。
バレエに出てくる男性って、ホント煮え切らない。

バヤデールといえば、舞台がインドなので、上下セパレートの衣装で、普段以上にプロポーションや筋肉がハッキリと現れてしまう・・のですが、長田さんの鍛え抜かれた肉体が際立って、より美しい。
当たり前のことなんだけど(素人にはびっくり)、ず〜っと、身体を引き上げているのがハッキリわかる。バレリーナって、一寸たりとも油断しちゃいけないのね。
中には、ポッチャリやむっちりに見えてまう方もあり・・(彼女たちも、近くで見たら、ほっそりプロポーションだと思う!!)
6年前、成り行きとはいえ、セパレートの衣装でジャンペを踊って、立派なお腹を人目に晒しまった私の舞台ビデオが、(お教室の生徒さんの間とはいえ)世間に出回っていると思うと!!!!

・・私の黒歴史です\(//∇//)\



な〜んて、、思いつつも、ニキヤとソロルの幽玄的なパドドゥの美しさに酔いしれた夜でした。





by saguaro2 | 2017-01-22 22:59 | 舞台鑑賞(バレエ) | Trackback | Comments(0)

代々木八幡に初詣

1月も終盤、松もとっくにとれてしまったのですが・・

ようやく、氏神さまに初詣。


a0146493_22562597.jpg



思ってたより、人が多くて、びっくり!(◎_◎;)

今年一年、元気で暮らせるよう、お願いしました。
おみくじも、大吉(^^)v

おみくじは、年に一回、ここでしかひかないことにしています。
一年間お財布に入れて、持ち歩いて、翌年、古いお札と一緒に、納めています。
(それが、正しいかどうかは、???)


暖かくてポカポカ陽気。
お散歩日和でした。


a0146493_22562624.jpg



梅がほころんでいました。
日差しも、日に日に力強くなってきているし。

少しずつ、すこ〜しずつ、春が近づいてきているのを感じますね。





by saguaro2 | 2017-01-22 15:46 | 東京散歩 | Trackback | Comments(0)
本日、雪予報。
時々、風花が舞う程度ですが、とっても寒い。

気分がダウナーなので、"キルフェボン"のタルトを買って帰りました。
(本番前でダイエット中だけど)


a0146493_14520717.jpg




こういう気分の時は、おいしいものを食べるに限る003.gif



a0146493_14520761.jpg




いちごタルト目指して行ったら、いちごのフェアをやっていて、何種類ものイチゴのタルトが!!
(HPより写真を拝借して、勝手に組み合わせてみました・笑)

お店の方の説明を聞きながら、散々迷った挙句、定番の、カスタードの入ったいちごタルトに決定。
やっぱり、これが一番好き053.gif



今朝のニュースで、棋士の加藤一二三九段が、C級組からの陥落が決まり、現役を退くことになったとのニュースが。
ひふみんといえば、先日、最年少棋士の藤井聡太4段のデビュー戦で62歳差対局をし、現役最長棋士の記録を作ったばかり。
その特集番組の〆にも、これからも頑張ります!と宣言してのに。
生涯現役を目指していたのに、制度の都合で引退を余儀なくされるなんて。
残念です。


そして、トランプ大統領の就任式。
8年前、国民の熱狂の中で迎えられた、若くて、エネルギッシュなオバマ大統領の誕生とは対照的な騒然とした雰囲気。
あの日は、雪が降って、ワシントンは寒そうだった。

ツーソンの自宅でテレビ中継を見ながら、黒人初の大統領誕生という歴史的な瞬間に、自分がアメリカにいる、感慨を覚えたものでしたが。
あれから8年も経っている事実にちょっとびっくり!(◎_◎;)

時の経つのは早ですね・・


それにしても、年齢を重ねても、モチベーションを保ち続けるタフな方々、そのエネルギーはどこからきているんだろう?


ソファに座って、テレビを見ながら、そんなことを考えている週末です。
(ダメダメじゃん・・私)














by saguaro2 | 2017-01-20 16:05 | 代々木野日記 | Trackback | Comments(0)

ISETAN LOVER♡ This is Japan

伊勢丹の新年の広告


a0146493_16542786.jpg





オペラ座のプルミエール・ダンスーズで、昨年ブノワ賞を受賞したオニール・八菜さん



美しい人を見て、刺激を頂いて、これからヴァリエーションの自主練行ってきます♪









by saguaro2 | 2017-01-17 14:07 | 東京散歩 | Trackback | Comments(0)

寒い日は、粕汁♪

今夜からものすご〜く冷え込んで、寒い週末になるそうな。
明日は東京でも、小雪が舞うかも、との予報。

西の方では、土曜日曜と雪になるとか。
週末は、センター試験。
受験生の足に影響しないといいのですが。


週末は、夫が不在、特に予定もなしということで、お家に籠る気まんまん。
来週、英語のテストがあるので、お勉強もしないと・・。
本当に、笑っちゃうくらい記憶力が低下しているので、新しいことが全く覚えられない今日この頃。


作り置き、かつ、暖かくなるメニュー、粕汁を作りました。

a0146493_21284761.jpg



普段は、鮭で作りますが、ふと思いついて、ブリで。

アラだとお出汁がでますが、めんどくさかったので、切り身で(笑)
そのせいか、思っていたより淡白な味わいに。


大阪出身の同僚さんが、お正月には粕汁を作って、お雑煮は食べないと言っていたのを思い出しました。
よく、お雑煮がすましなのか味噌仕立てなのか、とか、切り餅なのか丸もちなのか、という話は聞いたことがありますが、粕汁の話は聞いたことがないなぁ。
大阪ではそういう習慣があるのかな?と気になり調べてみました。

そもそも粕汁は、奈良時代の昔から、酒を絞ったかす(その頃は、どろっとしたお酒の底に沈殿したものを使っていたとも)を利用して作られたもので、特に酒造が盛んだった灘などでよく作られていて、どちらかといえば西日本で一般的なお料理なのだそうです。

冷蔵の流通や保存の発達した現在では、かなり廃れつつありますが、かつてはお正月のお祝いとして、塩鮭や鰤などの年肴を贈答しあったりして、一匹丸ごと用意し、少しずつ切り分けて食べる習慣がありました。
(そういえば、実家にいた頃、お歳暮でいただいた新巻鮭で、しばらくの間、冷凍庫が鮭だらけになっていました)

お正月の行事が終わるとされる1月20日頃(二十日正月)には、その魚もほとんど身がなくなり、中骨や頭だけが残る状態に。
それを、粕汁を作って、野菜と一緒に煮て食べ尽くす、祝い納めの風習だったそうです。
酒粕とお正月の残り物で作る”しまつ”のお料理ですが、ハレの気分をおいやり、日常の暮らしへ戻っていく、けじめの食習慣でした。

また、この日は新年からの行事続きで働きづめだった女性が、家事を休み里帰りする日でもあり、作り置きができて、温め直して食べられる粕汁は、好都合のお料理でもあったようです。


くだんの同僚さんの、おたくでは、この習慣だけがお正月に食べるお料理として、習慣化していたのかも。
それとも、お母様がお好きなお料理だったのでしょうか。



年肴の、鮭と鰤ですが、東日本は鮭、西日本というのが、一般的な習慣のようです。
(要は、海流と流通の問題か?)

北陸や京都で、鰤を食べるという話はよく聞きますが、鰤は九州の方まで食べられているそうです。
面白いのは、海と全く縁のない、信州までも”鰤街道”で、鰤が運ばれていたということ。

とすると、長野以西では、鰤を食べるのが一般的なのかというと、愛知にルーツを持つ我が実家では、鰤を食べた記憶はなし。
たまたま我が家の習慣だったのか?
愛知は、また違うのか??

ともあれ、各地方の食習慣、調べ始めるといろんなことが見えてきて面白い♪













by saguaro2 | 2017-01-13 20:46 | 代々木野日記 | Trackback | Comments(0)