カテゴリ:浜町だより( 46 )

三日月の夜

三日月がくっきりキレイに見えたので、思わずパチリ。

a0146493_22355029.jpg


湿度が低くて、空気がクリアなので、遠くまでくっきり見えます。
(私のカメラでは、画像に限界がありますが・・・)
右手の白い光のビル群は東京駅です。
この数年ですっかり高層化しました。
by saguaro2 | 2010-07-15 22:34 | 浜町だより | Trackback | Comments(0)

紅cafeでのんびりランチ

a0146493_18231277.jpg

ちょっと時間があったので、小伝馬町の紅cafeへランチに寄ってみました。
ねこの道みたいな細い路地を入ったところにある入口。
すでに、なごみ系。
店内は、外国人の男性を含み、数組のお客さんがいるだけで、まったりな雰囲気♪

a0146493_18243642.jpg
誘惑に負けて、カレードリアを注文。
"ドリア"だとか"グラタン"には、除けがたい魔力があります。
せっかくYOGAクラスを受けても、意味なし・・・(-_-メ)
ランチタイムだけのサービスというベニバナのお茶(だったと思う・・・確か)を飲みながら、美味しくいただきました。


食後は本でも読みながらまったり過ごそうっと思って出かけたのですが、賑やかなグループの話声に集中力をそがれて断念。
出来れば、まったり系のお店では、お静かに過ごしていただけると嬉しいです・・・。
by saguaro2 | 2010-07-15 18:03 | 浜町だより | Trackback | Comments(0)

ハイビスカス・ティー

この、ワインのような美しい液体、何だと思います?
a0146493_065078.jpg
     先日、C先生にいただいたハイビスカス・ティーです。

a0146493_0732.jpgC先生は、布の袋に入れているそうですが、お茶パックに少量詰め込み(日本は便利だなあ)、水に入れておくと、どんどん色が出てきます。
味は、ちょっと酸味があって、紫蘇茶に似た感じ?
夏バテ防止に良いそうです(^o^)/

体質的に夏、特に蒸し暑さに弱い私ですが、ことさら今年の夏はバテ気味。
夏バテに効くというものを摂取して、乗り切りたいと思います。

皆さまも、快適な夏をお過ごしください。
by saguaro2 | 2010-07-09 23:05 | 浜町だより | Trackback | Comments(2)

SAMURAI BLUE

FIFAワールドカップ・サッカーの日本戦に合わせて、東京タワーがサムライ・ブルーにライトアップされています。
a0146493_17275138.jpg
梅雨時で、なかなかクリアに見えなかったんですが。
先日、首都高から見たときは、ブルーがとってもキレイでした。
日本代表頑張れ♪♪♪
by saguaro2 | 2010-06-25 17:26 | 浜町だより | Trackback | Comments(0)
梅雨の晴れ間。
夕陽がキレイでした。
a0146493_22573449.jpg

冬の間、リビングの正面に見えていた夕陽、今はずいぶん右方向に見えます。
もうすぐ(6/22)夏至ですもんね、当然と言えば当然なのですが。
昼間の時間が長いと、とってもお得な気がします。
この湿度さえなければね~、過ごしやすいんですが(-_-メ)
by saguaro2 | 2010-06-17 22:56 | 浜町だより | Trackback | Comments(0)
昨日6/14、関東地方は梅雨入りしました。
じめじめして、気分が落ち込み季節ですが、日々楽しみを見つけて、元気に過ごしたいですね。

ワールド・カップサッカーの初戦を勝利で飾ったSamurai Japan。
遅くまで、テレビ観戦して、寝不足の方多いんじゃないでしょうか。

a0146493_10404768.jpg

枝豆の美味しい季節になりました。
世界的な日本食ブームにのってか、アメリカでも普通にスーパーで、冷凍のものや、サラダ用のむき身のものは簡単に手に入りましたが、やっぱり、枝つきのナマのものが一番です。
八百屋さんで見つけては買ってきて、テレビを見ながらチョキチョキ切って、茹でてます。

枝豆づくりの盛んな新潟出身の方に教えていただいたのですが、
さやの両端をちょっと大胆に切って(写真参照)、塩をもみ込み、しばらくおいてから茹でるといいそうです。
採りたてが一番おいしいので、お店で買ってきたら、冷蔵庫で保存したりしないで、なるべく早く調理した方が美味しくいただけるそうです。

a0146493_11132748.jpg
このところ、パソコンのメールが読み込めなくなったり、とハプニングが続いて、ブログの更新が滞っております。(インドの記事もup出来てないし・・)
ちょいちょい遊びに来てくださってる方、ごめんなさいm(__)m
突貫工事でupしていきますので、懲りずに遊びにいらしてくださいね。
(Back Dateでupすることもありますので、右の新着記事をチェックしていただくか、画面を下の方にスライドしてみていただけると嬉しいです♡)
by saguaro2 | 2010-06-15 10:36 | 浜町だより | Trackback | Comments(0)

朝の散歩

ここのところ、股関節とハムストリングス(腿の裏側の筋肉)、肩周りをほぐすべく、朝や夕方(気が向いたときに)隅田川沿いを歩くようにしています。
隅田川の堤防の内側、水面に近いところが"隅田川テラス"といって整備されており、犬の散歩屋ジョギングをする人に利用されています。
a0146493_11323100.jpg

a0146493_1133647.jpg
休日のこの日は、いつもと違うコース。
清洲橋を渡って対岸へ。
橋の東岸にAntenorの工場があり、お菓子の焼けるいい香りがします。
隅田川の西側(日本橋側)は、オフィス街ですが、東側は工場や倉庫が立ち並び、街の雰囲気が変わります。

a0146493_1161863.jpg
東岸に渡ると、ほどなく清澄公園があります。
緑豊かな公園は、都市のオアシスです。
隣接した清澄庭園は、もともとは紀伊国屋文左衛門の屋敷跡だったとも言われそのあとは大名の下屋敷となりました。
明治時代に岩崎弥太郎が買い取り、明治時代の代表的な回遊式築山山水庭園として完成しました。
(こちらは有料です)


a0146493_11135126.jpg
近くの薬局で、サトちゃんを発見。
100円也。
乗りたかったけど、重量オーバーで壊れたら困るので、じっと我慢。


a0146493_11151450.jpg
清澄公園の南側を仙台堀川が流れています。
隅田川と中川を結ぶ運河のひとつとして、江戸時代に掘削されました。
両側に桜が茂っていて、春は見事な眺めになりそうです。


a0146493_1120236.jpg
堀に架かる海辺橋の南側たもとに、採茶庵(さいとあん)跡があります。
芭蕉の門人杉山山風の別邸で、旅に先だって芭蕉庵を引き払った芭蕉は、ここから舟で千住まで行き、「奥の細道」に出発したそうです。


a0146493_11271884.jpg
堀は、少し西へ流れると向きを変えて南へ流れ、木島川西支川と名前を変えます。
(以前は、仙台堀川は隅田川までつながっていましたが、ここから先は埋め立てられてしまったようです)
こうやって、運河に沿って歩いてみると、かつて深川が運河の張り巡らされた町で、荷物を積んだ船や猪牙が行きかっていた様子が目に浮かぶようです。


a0146493_11383655.jpg
運河は、何となく狭まってきました。
運河沿いの歩道はここまでです。


a0146493_1140999.jpg
民家の軒先に咲いていた槿。
家の前のちょっとしたスペースに、鉢を並べてガーデニング。
下町ならではの風景です。


a0146493_1143656.jpg
巽橋。
名前の由来は、深川がお城からみて辰巳(東南)の方角にあったから。
江戸の粋の代表"辰巳芸者"で有名な、深川の岡場所があったのは、今の門仲あたりかなあ?なんて、思いを馳せつつ・・。


a0146493_11529100.jpg
巽橋の近くに、船宿があり、屋形船がつないでありました。
巽橋を越えると、木場につながる大横川に合流。
練兵橋を越えると、越中島です。


a0146493_11535324.jpg
大島川水門。
ここで、大横川が隅田川に合流します。


a0146493_11584471.jpg
          隅田川沿いの永代公園からの眺め。
          左が越中島、真ん中が佃島、右側が新川。
          隅田川から別れ、越中島と佃島の間を流れるのが晴海運河です。


a0146493_12125441.jpg永代橋を渡って、新川へ。
元禄11年(1698年)、将軍綱吉の50歳を祝って、隅田川では4番目に架けられた橋です。
当時は、今の場所より100mほど上流(日本橋川の北側)に架けられていました。
文化4年(1807年)には、富岡八幡宮の例祭で、人の重さに耐えきれず橋が落下し、1500人もの死傷者をだしたという悲しいエピソードもあります。


a0146493_1235551.jpg
          現在の橋は、大正15年(1926年)に架けられたもの。
          ライン川にかかっていたて鉄道橋を模し「帝都東京の門」と言われました。
          80年以上経った現代でも、堂々とした風貌です。
          橋から、建設中のスカイ・ツリーが見えます。


a0146493_129442.jpg
日本橋川が隅田川に流入する河口部に架けられた豊海橋。
小説「御宿かわせみ」の舞台は、豊海橋のたもとにある客室10室程の小さな宿です。


a0146493_12201880.jpg
あじさいの花が咲き始めていました。
そろそろ、蒸し暑くなってきて、梅雨の入りももうすぐです。

by saguaro2 | 2010-06-06 10:57 | 浜町だより | Trackback | Comments(0)

もつ鍋やましょう

ちょっと前、IちゃんとTちゃんと人形町探検した時に見つけたお店です。
この界隈、昼と夜とで雰囲気が変わるし、路地もいっぱいあるので、ちょっと目線を変えたり、歩く時間が違ったりしただけで、発見があります。
a0146493_21554352.jpg
辛いお味噌のもつ鍋。
アサリが入っているところも、good!!
もつは、和牛の小腸で、わりと歯ごたえがあります。

a0146493_2156878.jpg
お店は混んでいて、発見したその日はいっぱいで入れませんでした。
この日も、1時間ほど待ってから。

サイドメニューも充実しています。
夏メニューで、岩塩を使った塩味のもつ鍋が気になるので、また行こうね、Iちゃん、Tちゃん。
by saguaro2 | 2010-06-05 21:52 | 浜町だより | Trackback | Comments(0)

レストランRAGOUT

テレビのハンバーグ特集を見ていたら、どうしても食べたくなって、近所のお店へ。
以前から、気になっていたレストランRAGOUT(ラグー)です。

築地場内にある喫茶店が経営しているというレストラン。
魚介メニューには自信ありということで、冬場は生ガキが気になっていたんですが、寒さに負けてなかなか出かけられずにいるうちに、カキのシーズンが終わってしまいました(がぁぁぁぁ~ん!!)
ほんのご近所に住んでいるのに、なぜなかなか出かけられなかったのか・・・悔やまれます。


a0146493_2343322.jpg
今回はハンバーグのコースをオーダー。

前菜は、アナゴのマリネ。
アナゴって、お寿司のネタってイメージでしたが。
こんなオシャレな食べ方もあるんですね。
a0146493_23431475.jpg

シャリアピン・ハンバーグ。
玉ねぎの入った醤油ベースのソースがgood!!

a0146493_23432686.jpg

デザートには、パンナコッタが付きます。
前菜・メイン・デザートで、このボリューム!!
かなりお値打ちで、大満足♪


a0146493_23433572.jpg
後日談。
"散歩の達人"で見て、とっても気になっていたメニュー、漁師風ピラフ。
ハンバーグを食べて、3日後に食べに行っちゃいました。
ピラフの真ん中に、海の幸がゴロゴロ入っていて、ベシャメルソースとトマトソースのミックスソースがたっぷりかかっています。
まいう~♪

次回は、カニクリームコロッケを食べるぞ~!!
by saguaro2 | 2010-06-01 23:39 | 浜町だより | Trackback | Comments(0)

American Size

早いもので、帰国して半年が過ぎました。
日々ぼんやり過ごしているのに、あっという間に時間は過ぎていきます。
このままだと、気が付いたらおばあちゃん・・・なんてことに(@_@;) 何とかしないと。
a0146493_063457.jpg
帰国直前に、やけくそになって引越荷物に詰め込んだ消耗品の数々も、そろそろ品切れになってきました。
Doveのボディ・ソープ(←こんなものまで持ち帰ってきてました!!)、日本のポンプサイズと比べるとこの大きさ!!
隣のListerineも、大きくって、日本の狭い洗面所では、収納することもできず、正直邪魔です。

COSTCOで買いだめしたトイレット・ペーパー。
2枚重ねで、ふわふわで・・・と思っていたら、このじめじめのシーズン、紙が湿気を吸ってなんだかしんなり。
あの分厚さは、乾いた土地でこそ活かされるのかも。(よく詰まったけど・・)
消耗品とはいえ、大きさ・品質、生活事情や風土に合わせてあるんですね~。
by saguaro2 | 2010-06-01 00:04 | 浜町だより | Trackback | Comments(0)

サワロのつぶやき♪2 ~日本橋生活~より改題しました。


by saguaro2