カテゴリ:2011 PHUKET( 9 )

PHUKETの記事UPしました!

by saguaro2 | 2011-12-07 14:34 | 2011 PHUKET | Trackback | Comments(0)
行きは、成田~プーケット直行便でしたが、帰りはバンコク経由です。
プーケット~バンコクは、1時間20分のフライトです。

バンコクに近づくにつれ、ものすごい雷雨。
かなり揺れます。
(この数日後、バンコクは洪水で大変なことになりました)

a0146493_13475214.jpg
バンコクの市内から30㎞ほど東にある、スワンナプーム空港。
2006年にオープンした巨大なアジアのハブ空港です。
(洪水で浸水していたのは、バンコクの北にあるドンムアン空港)

a0146493_13482234.jpg
とにかく、広い!!
十字型の形状の真ん中に、蘭の切り花を打っているこの建物があり、それぞれ四方に長~い通路が伸びています。
特に、高級ブランド店の並ぶ通路は、とんでもなく長いので、お買い物に夢中になっていると、飛行機に乗り遅れかねません。

a0146493_13543162.jpg
成田便は、夜行便なので、今のうちに夕食をとっておこうということになりました。
汁麺、汁麺と夫がうるさいので、Mango Treeで、名残のタイ料理。
(彼は、出張でこの空港を経由する度に利用しているらしい)

a0146493_13572632.jpg

そういえば、TRISARAのメニューにはなかった気がする、タイ風さつま揚げ。


a0146493_13582728.jpg
お店の外に写真が出ていて、美味しそうだと思って頼んだんですが、ちょっと衣がくどかった。
シーフードのフリッター。
エビばっかりだったら、美味しいと思うんだけど・・・。


a0146493_1359357.jpg
そして、念願の汁麺。
魚のすり身のお団子入りです。
彼は、何やら赤いスープのものを頼んでいましたが、出てきた途端がっついていたので、写真撮れませんでした。
ほんの数日、日本を離れただけなのに、こんなに汁麺、汁麺と騒ぐうちの夫。
一体全体、海外出張中(特に欧米)はどうしているやら呆れて心配してしまいます。


プーケット~バンコクの便は、1日10便以上あり、場合によってはもっとタイトな乗り継ぎも可能だったのですが、お買いものの時間も考え、2時間ほど余裕を見ていました。
が!!国内線から国際線へ乗り継ぎをする際のセキュリティー・チェックに結構な時間をとられてしまった上に、食事もしてしまったので、お買い物の時間は、限りなくゼロに近い状態に。
(給仕のサービスがのんびり。日本で立ち食いそばを食べるようにはいきません)
魅力的なブランドの免税店を横目に、機上の人となりました。

タイを訪れたのは、4度目ですが、毎回、また来たいな~と思わせてくれる国です。
食べ物もおいしいし、何となく国民性も日本人に似ているような。
タイは日本人の、いやいや私の心のふるさとなのかも・・・。
by saguaro2 | 2011-10-09 13:44 | 2011 PHUKET | Trackback | Comments(0)
a0146493_12515311.jpg
4日目、快晴!!

ほんの短い滞在でしたが、うち雨は1日だけ。
かなりラッキーでした♪


今日もテラスで朝食。
おかゆにチャレンジ!

a0146493_12534795.jpg

Kao Tom Jok
(Chinese style-rice porridge with your choice of chicken, pork, fish or shrimps)


a0146493_1254529.jpg

Rice porridge with egg jelly, pork dumplings and chinese croissant



どちらも、絶品でした♪



a0146493_12583661.jpg
ヴィラの入口にへびがいました。
木が茂っているので、もしやと思っていましたが、やっぱりいるのね・・・。


a0146493_12572364.jpg
通常、レイト・チェックアウトは3時ですが、飛行機の時間に合わせて、4時半ギリギリまでお部屋を使わせてもらえることになりました。
かなりのんびりできます。
事前に、荷造りを済ませたり、どこかで時間をつぶしたりしなくってもいいので、気分的にもかなり楽。

a0146493_125268.jpg
ランチにダイニングへ行くと、"Sunday Buffet"をやっていました。
小皿に盛られた彩とりどりのお料理とシャンパンがとても魅力的でしたが、やっぱりタイ料理だよね、とテラスでいただくことに。


a0146493_133342.jpg


最後なので、ということでシェフからのサービス。
こういう、ちょっとした気遣い嬉しいです♪


a0146493_137845.jpg
タイ料理の定番Phad Thaiも、TRISARA流だとこんなにオシャレなお料理に!!
今まで食べた中では、BEST of BESTのパッタイでした!!!!

a0146493_1363050.jpg
Phad Ruammit Phad
(Stir-fried mixed vegetables in oyster sauce)

a0146493_1365468.jpg

世界中どこへ行っても、汁麺が食べたくなる夫のリクエストで、soup noodle。
こんな上品なものが出てきました(笑)



a0146493_13201513.jpg
食事の後は、メイン・プールでごろり。
ヴィラのプールも良いのですが。この広々として海の見えるプールも最高です。

a0146493_13203195.jpg
いよいよ、お別れ。

こんなにのんびりとした旅は久しぶり。
結局、滞在中ホテルから一度も外に出ませんでした。

5つ星、それ以上の6つ星ホテルともウワサされるTRISARAですが、確かにその価値がありました。

スタッフは、皆さんホスピタリティに溢れていて、誠実だし、親切だし。
もちろん、vヴィラも、ダイニングもテラスも、すべての施設は心地よい。
たいていリゾートホテルだと、お料理に飽きてしまうのだけれど、まったく飽きさせず美味しくいただけました。
ゲストの数も適度に少なく、お互いに心地よい距離感・空気感があるのも良かった。

またいつか、来たいな、と思わせてくれるホテルです。


来たときとは違うセカンド・レセプションで、チェック・アウト。
最後に一目、お気に入りのテラスやプールが見られると思っていたので、残念だったけれど、逆に未練が残らなくってよかったかも。

来た時と同じドライバーさんが空港へ送ってくれます。
a0146493_13271769.jpg
プーケット空港に着いたら、とたんに世俗に戻された感じ。
人はごちゃごちゃしているし、空港職員の対応の横柄さと行ったら(怒)
まあ、これが現実社会というものでしょうか。

明日からまた頑張って、またいつかこの楽園に羽根を休めにやってきたいと思います。
by saguaro2 | 2011-10-09 12:50 | 2011 PHUKET | Trackback | Comments(0)
3日目、朝起きたら、重そうな雲が立ち込めている。
今日はお天気崩れそうだなぁ。
a0146493_1157988.jpg


・・・と、間もなく雨が降り出しました。
a0146493_1159454.jpg


こんな日は、フロントに電話して、カートでお迎えに来てもらってダイニングへ。
屋内で朝食をとるのは初めて。

a0146493_1214112.jpg

夫は、Moo Thod Krathiam (fried pork with garlic and pepper)を。
私は、前日彼が食べていて美味しそうだったKai Yad Sai(オムレツ)を。


プールサイドでごろごろ過ごすこともできないので、spaに行くことにする。
a0146493_1264527.jpg

spaは、それぞれの個室がvillaのように独立した作り。
バルコニーが付いていて、外にスチーム・バスがあります。
spaの写真を撮ることはできなので、HPから拝借しました。

a0146493_127019.jpg
spaメニュー。
Monthlt Specialの、Organig skin therapy Package 3.5時間を受けることに。

ハーバル・スチーム・バス、ボディ・ポリッシュ、ボディ・ラップ、と最後に、オイル・マッサージ。

のぼせ易いので人一倍、スチーム・バスを頻繁に出たり入ったり、体についたハーブを流すため、何度もシャワーを浴びたりと、実は結構忙しいんですが、施術室に戻ると、セラピストが笑顔で迎えてくれる。
アジアのスパって本当に至れり尽くせり。

20代の頃は、雑誌を見ながら海外にspaに行くなんて贅沢!!って思っていましたが(当時は、そんな時間があったら観光するわ、とも思っていました)、40台になった今、海外に行ってspaに行くって、ひとつの目的になりつつあるかも。
そういえば、何年か前には、マッサージをメインの目的にバンコクに行ったこともありました(笑)

施術後には、フルーツとお茶が出てきて、終了。
至福のひとときでございました♡


せっかくリラックスしたのに、またランチに出かけるのもめんどくさく、ヴィラ内で、フルーツやナッツを食べて適当に終了。
こんな時の為に、日本からおかきを持参していて、正解でした(*^^)v

a0146493_12285783.jpg
ライブラリーで借りてきた『春の雪』のビデオを観て過ごします。

ライブラリーには、日本語のビデオが数本しか置いてないのですが(←マイナー言語なので当然なのですが)、その中の1本がこれ。
劇中に、当時日本に留学中だったタイのプリンス達が登場するからでしょうか。
『豊穣の海』の第3作『暁の寺』は、舞台がタイなので、タイでも知られた小説だったりするのでしょうか。


リゾート地での時間の過ごし方、人それぞれかと思いますが、私はもっぱら読書とSUDOKU。
今回は、雨季ということもあり、連日雨も想定していたので、文庫本と、普段あまり読む時間のない雑誌を持ちこみました。
読書していて、ふと気がつくとお昼寝していた、といった感じです(笑)
最近のホテルは、Wi-Fi環境が整っているので、スマート・フォンやipadがあると、こんな時にブログの更新ができるのに。

a0146493_1234556.jpg
夕方、雨が上がったので、プールに飛び込んでみました♪
さ、寒い・・・!!

a0146493_12355968.jpg
3日目の夕陽。


a0146493_12383981.jpg
夜は、ダイニングへ。
マネージャーと思われる白人の女性(彼女は、オーストラリア出身だそうです)と話をしたのですが、日本から来たと言ったら、日本人には見えない!!と驚かれました。
夫はともかく、私って、そんなにエスニックな顔立ち???
インド製のチュニック・ドレスを着ていたからかなぁ・・・。

トリサラのダイニング、お料理も味付け、盛り付け共に洗練されていますが、サービスもリゾートホテルだから的な妥協は一切なく、スマートで垢ぬけています。
プロのサービス、心地よいです!!

a0146493_12454247.jpg
お食事には、毎度おこげと、塩のついたパンが出てくるのですが、このパンが美味しい♪

この夜は、ガッパオ、パッポン・カリーなど定番のタイ料理をいただきましたが、やっぱり美味しい~♪
(写真が、真っ暗でお見せできないのが、残念です)
by saguaro2 | 2011-10-08 11:55 | 2011 PHUKET | Trackback | Comments(0)
今回利用したパッケージには、90分間のエステまたは、お部屋でのBBQがついていました。
普段なかなか自分では選択しないBBQをお願いすることに。

あらかじめ、メニューを渡され、お料理を選択しておきます。
時間になると、シェフと給仕のスタッフ2名がヴィラへやってきて、準備が始まります。
a0146493_2320660.jpg
プールサイドに、素敵なダイニング・テーブルが用意されました。

a0146493_23223876.jpg
焼き物はこんな感じ。
シェフが披露してくれます。
手前左から、サーロイン、マリネしたチキン、キング・プラウン、プーケット・ロブスター

a0146493_2323941.jpg
せっかくなので、シャンパンあけちゃいました♪

a0146493_23234264.jpg
夕陽が暮れていきます。

a0146493_23245663.jpg


a0146493_23251648.jpg
厚い雲の下から、夕陽がちょっと見える、変わった現象。

a0146493_2325365.jpg
タイは、"海老天国"なので、エビ好きの私にはたまりません(*^^)v

a0146493_2326128.jpg


a0146493_23261682.jpg
ディナーが終わる頃には、すっかり夜の帳が下りてました。
贅沢で、素敵な時間を過ごすことができました。

よくリゾートホテルの、岩の上とか海岸とかプライベート・ダイニングを提唱していて、欧米の人好みだな~と思っていましたが、なかなか良いものですね。
もちろん、ヴィラの中なので、他の人の目を気にせず・・といのも、シャイな日本人の入門編としては良かったのかもしれません。

せっかくなので、もっとドレスアップしても良かったかな~。
次回こそ!?
by saguaro2 | 2011-10-07 23:13 | 2011 PHUKET | Trackback | Comments(0)
お部屋でごろごろにもちょっと飽きたので、ホテル内を探検。

a0146493_23434447.jpg


a0146493_23454854.jpg
ホテル内は、自然の森に適度に手を入れて利用しているらしく、緑がかなり豊富。
他のヴィラもほとんど見えません。

a0146493_23464769.jpg
グレードの高いヴィラは、ゲート付き。

門の前に置かれた、白いお人形が、"Don't Disturb"のサインです。

a0146493_23472925.jpg
ビーチ・サイドにある、SPA PAVILION。
リクエストすれば、ここで大自然を感じながら、施術が受けられる(らしい)
こういうのもよく海外のリゾート・ホテルで提案されているけれど、私はたぶん落ち着かなくって、心から楽しめない気がする×××

a0146493_23495429.jpg


ホテル内には、他にスポーツジム、テニスコートなどのスポーツ施設があり、また近くのゴルフ場でプレイもできるようですが、とにかくだらだら過ごしていたので、利用せず。
1週間くらいのんびりしたら、テニスでもしようかなって気になったかもしれません。
by saguaro2 | 2011-10-07 17:42 | 2011 PHUKET | Trackback | Comments(0)
今回泊ったのは、"OCEAN VIEW POOL SUITE"
(ホテルのカテゴリーでは、もっとランクの上のお部屋を"VILLA"(邸宅・別邸の意)と呼んでいるので、正しくはVILLAではありませんが、便宜上ヴィラと呼ぶことにします)

a0146493_135434.jpg
敷地内の車道に面して、入口を入ります。

a0146493_13543484.jpg


a0146493_13544781.jpg


a0146493_13551456.jpg
VILLAの表側に回ると、テラスとプールが。
横8メートルくらい。
お見苦しい人物が写り込んでいましたので、ちょっと加工を(*^_^*)
滞在中、かなりの時間をこのプールサイドで寝ころんで過ごしました。
お部屋にプールがあっていいのは、いつでも気が向いた時に飛び込めること。

a0146493_13552874.jpg
テラスに面して、リビングとベッドルームが並んでいます。
リビングの奥が、エステルーム。
エステティシャンを呼んで。ここで施術を受けることもできます。

a0146493_14315930.jpg


a0146493_13554397.jpg
室内は落ちつぃた色調でまとめられていて、タイシルクのクッションがアクセントになっています。

a0146493_13555379.jpg
壁面に飾られた木彫り。

a0146493_14344191.jpg


a0146493_1432131.jpg


a0146493_1435599.jpg
シャワー・ブースの奥のガラスの扉を開けると、アウトドアのシャワー・スペースがあるのですが、蚊の餌食になりそうなので、滞在中一度も使用していません。
プーケットの蚊、かなり強力で、ヴィラ中蚊取線香を焚いて(持ってきてくれます)、虫よけを塗っていても、かなりやられました。
ムヒ必携です!!

a0146493_14373431.jpg
シャワー・ブースの中の壁面の棚。
何気に、とってもかわいいんです♪

午前中のクリーニング、夕方のターン・ダウンと、1日2回人が入り、タオルを取り替えてくれる他、お部屋のあちこちに何気に飾ってあるお花を取り替えてくれます。

a0146493_1445068.jpg
フルーツも毎日変わりました。

a0146493_13561211.jpg


プールサイドに寝っ転がって、日がな一日本を読んでいると、ランチに出かけるのもめんどくさくなり、ルームサービスで済ますことに。
a0146493_2329141.jpg

Por Pia Thod。
Deep-fried vegetalian spring rolls with sweet chili sauce

a0146493_23291763.jpg

Mee Sapam Phuket yellow noodles with kale and pork, chicken, beef or seafood


怠惰な生活・・・う~ん、幸せ♡
でも、この調子だと、ますます太ってしまいそう・・・(^^ゞ
by saguaro2 | 2011-10-07 13:48 | 2011 PHUKET | Trackback | Comments(0)
a0146493_1365668.jpg
2日目、晴れ。
雨季のプーケットにしては、かなりラッキー。
タイ北部の洪水の洪水のニュースなどが盛んに報道されていました。
心配です。

a0146493_13133816.jpg
ヴィラから、ダイニングなどの設備のあるロビー棟へは、お散歩気分で歩いて、10分ほど。
山の斜面に沿ってヴィラが並んでいるので、行きは良い良い、帰りは×××


a0146493_13114591.jpg


a0146493_13155154.jpg

ロビーフロアは、小さな建物が橋でつながっている風通しの良い造り。
ブティック、ギャラリー、ダイニング、バー、ライブラリーなどの設備があります。


a0146493_13365163.jpg


a0146493_13411676.jpg


a0146493_131718100.jpg
海を見ながらテラスで朝食。

a0146493_13181252.jpg

滞在中、唯一の洋食。Spring vegetables tart with poached eggs and hollandaise sauce


a0146493_13234431.jpg

こちら夫の食べていた、タイ料理の朝食。
Kai Yad Sai。
omelette stuffed with capsicums, snow peas tomatoes, onions and shiitake mashrooms。



a0146493_13252435.jpg
すべてのヴィラはプール付きなのですが、ダイニング・テラスの横にも、海に面して、メイン・プールがあります。

a0146493_13325269.jpg
雨季の間、特に西側の海岸は波が荒く、滞在中ずっと遊泳禁止。
乾季になると、波も穏やかになり、海の色もぐっと美しくなると思うんですが、同時にホテルのレートもぐぐぐぐっとあがります。
ま、11月には休みとれないしね。

a0146493_13344711.jpg


a0146493_133575.jpg
メイン・ロビーの下階にある、ライブラリー。
本の他、CD、DVDを貸し出しています。
お部屋に、ステレオシステムが完備しているので、プールサイドに寝ころんで、好きな曲を聴くのもいいですね~。
(ipodも繋がります)
by saguaro2 | 2011-10-07 13:05 | 2011 PHUKET | Trackback | Comments(0)
10月の3連休にちょこっとお休みをくっつけて、遅めの夏休みをとり、プーケットへ行ってきました。
a0146493_1951326.jpg

休みを取ることになったのが、およそ2週間前。
とりあえず飛行機だけ抑えて、広島旅行へ行き、帰ってからいろいろ調べて、手配が終わったのは旅行の3日前。
あいかわらずの、泥縄・・・と申しましょうか。

でも、素敵なホテルに泊まることができ、美味しいタイ料理をいっぱい食べて、まさに命の洗濯♡
のほほ~んと過ごしてまいりました。

日本から、プーケットへはタイ航空の直行便が週に4便、飛行時間は7時間と、意外と好アクセス。
お昼の便で成田を発つと、夕方にはプーケットに到着です。
空港へは、あらかじめ手配しておいたホテルの車がお迎えに来てくれました。

プーケットを訪れるのは、2度目、約20年ぶり(←!!)ですが、以前に比べて、空港も立派になったし、町もずいぶん開けた気がします。

a0146493_22295529.jpg


今回のお宿は、TRISARA
サンスクリット語で「天上で3番目の庭」の名を持つホテルです。


a0146493_2227468.jpg

一度ロビーに案内されて、ウェルカムドリンクをいただいたら、カートでヴィラへ。
そこで、お部屋の説明を受けつつ、チェックインします。

ヴィラ内をひとしきり探検したら、さっそくプールへ。
思いついた時にすぐに飛びこめるのが、プール付きヴィラのよいところ♪
(露天ぶろ付きの温泉と同じノリ?)

小さなウェ島の向こうに夕陽が沈んでいきます。

a0146493_11444959.jpg
しばし休憩して、カートをお願いしてダイニングへ。
広~い敷地にヴィラが点在しているので、メイン棟までは歩くと結構距離があるし、何分夜間で足元も危ういので。
(敷地内、ジャングルに見えます)

a0146493_22361042.jpg

ホテル内のダイニングは、「トリサラ・ダイニング」1か所。
インターナショナル料理と、タイ料理があります。

客室数は全部で42室、他に敷地内にレジデンシャル・ヴィラが建っていますが、ダイニングで食事している人は割と少なめ。
皆さん、外に行ったらり、お部屋で食べているのかしら?

海の風を受けつつ、テラス席でいただくタイ料理は最高!!
ビールは、もちろんSINGHA!!

a0146493_2235151.jpg

by saguaro2 | 2011-10-06 22:03 | 2011 PHUKET | Trackback | Comments(0)

サワロのつぶやき♪2 ~日本橋生活~より改題しました。


by saguaro2