サワロのつぶやき♪2 ~東京だらりん暮らし~ saguaro2.exblog.jp

サワロのつぶやき♪2 ~日本橋生活~より改題しました。


by saguaro2
プロフィールを見る
画像一覧

2017年 05月 14日 ( 2 )

タイフェスティバル2017

by saguaro2 | 2017-05-14 21:26 | 東京散歩 | Trackback | Comments(0)

有頂天家族

最近、アニメっぽい小説と、江戸人情ものの小説が目立つな、と思う。

どちらも、小難しくもなく、説教臭くもなく、読みやすいのだけど、いろんなシリーズがあり、どこから手を出したらいいやら。
(読書スピードがめっきり落ちている今日この頃。読む量が限られる・・)

アニメっぽい小説といったけど、よく考えてみたら、表紙がアニメ風なのであって、実際はアニメ化されたというわけではないのかも。

代表格?のビブリア書店の事件簿は、ドラマ化されていたけど、アニメ化されたって聞いたことないし。

表紙絵にアニメ風の図案が、使われているのは、現在のカルチャーを反映しているってことでしょうか。
本に限らず、アニメ風のポスターとか、CMも増えました。

と、世の中の流行に疎い私が思ったことなので、実際にどうだかは存じませぬ。




**************


たまたま本屋さんで平積みされていて、京都に住むたぬき一家という設定に惹かれて手に取った作品、


a0146493_16284218.jpg




森見登美彦著の"有頂天家族"シリーズ


こちらは、アニメっぽいじゃなくて、数年も前にアニメ化されている作品なのだそう。



a0146493_16284268.jpg



この4月からも、第二シーズンが放送中とのことで、限りなく文庫サイズに近い帯がついていて、
本来の表紙は、こんな感じ。




a0146493_10251134.jpg



人気シリーズで、京都の親善大使にも任命されているとのこと。
ちょうど、読み始めたのがGWの前で、たまたま、京都へ行ったら地下鉄駅で、ポスターに遭遇しました。


この世は、天狗と狸と人間で構成されている、とのことで、特に舞台になっている京都では、かくあらんという気さえいたします。
(ついでに言えば、物の怪もいると思う)

狸的な処世術や天狗との関係性。
少し古めかした台詞回しが面白く、夢中になって読みました。

ここ数年、京都通いしたいることもあり、舞台や情景が想像しやすかったり、馴染みの場所だったりするのも、面白いところ。


この作家さんの他の作品も読みたいな、とぐぐってみたら、どこかで見たり、聞いたことのある作品ばかり。

きっかけがないと、実際手に持って読むことってないってことですね。
出会いの妙だなぁ。


と、いうことで、昨日、目ぼしい作品を大人買いして参りました♪











by saguaro2 | 2017-05-14 15:11 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)